電源開発の本音は、大間原発建設すぐに止めたい・・

大間原発の建設主体である電源開発の役員が
本音で「すぐにもやめたい・・」と

初めての原発が世界で初めてのフルMOX
燃料は高く,危険も大きい
その上安全対策に巨額の費用が上乗せされる・・

事故時の危険はウラン原発にくらべて数倍?
そこから出る使用済み核燃料の再処理の見通しはたたない

こんな原発作ったら未来永劫の夫妻を引き受けるしかないことを
電源開発自体がよく分かっている・・

こんな本音が出てくるところを観ると
味方は電源開発のなかにいる・・・

これは電源開発という会社の株主から責める方法もある

a0292602_0562193.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「リプレース(建て替え)について指摘をもらった。これから議論に入らない限り、(原発比率の目標を)実現できないことには同意する」。2月22日、経済産業省が開いたエネルギー政策に関する有識者会議。原発の建て替え議論を促す意見に、委員長の坂根正弘・コマツ相談役がうなずいた。


 政府は昨夏に決めた2030年の電源構成目標で、原発比率を20〜22%に設定。目標達成には老朽原発の建て替えなどが必要だが、当時は世論の反発を懸念して検討の深掘りを避けていた。坂根氏は、その議論のまとめ役でもあった。

 電力関係者からは「いよいよ新増設の議論が動き出す」との声が上がるが、原発建設は難しさを増している。これまでは建設費をほぼ電気料金に転嫁できたが、4月の電力小売り全面自由化でその前提が崩れる。原発の新増設に巨費をかけても、事故や規制強化で使えなくなると、経営が危うくなる。

 「自由に経営判断できるなら、すぐにやめたいくらいだ」。青森・下北半島で大間原発を建設しているJパワー(電源開発)の役員はつぶやいた。東京電力福島第1原発事故後に事実上ストップした工事の再開には、原子力規制委員会の安全審査をクリアする必要があるが、一般の原発よりハードルが高い。

 大間原発は、燃料に多くのプルトニウムを使える。日本は、使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出し、また燃料に使う「核燃料サイクル」を進めるが、再利用がうまくいかず、大量のプルトニウムが余っている。それを消費する大間は、国策に組み込まれた原発だ。ただ、安全性への懸念もあり、他の原発よりも厳しい安全審査が予想される。着工時に想定した建設費は4690億円だが、事故後の規制強化で、少なくとも1300億円の追加費用が発生する。関西電力が再稼働を進める高浜原発1基の1・3倍だ。コストを押し上げるが、同社の一存では計画の存廃を決めにくい。

    ×  ×

 「自由化と原子力依存の低減で、従来と違った競争環境になっている」(八木誠・電気事業連合会会長)という電力業界の声に押されるように、経産省は原発継続への布石を打ち始めた。まず再処理事業で、国が責任を持つ姿勢を鮮明にした。現在は、大手電力が再処理事業者の「日本原燃」にお金を出して進めているが、国の認可法人が日本原燃に事業を委託する方式に切り替える。原子力は、国の支援を受けて民間が営む「国策民営」で進めているが、国の関与をより強める。

 経産相の諮問機関・総合資源エネルギー調査会の原子力小委員会は14年8月、原発版の固定価格買い取り制度(FIT)を採用する英国の担当者から仕組みを聞いた。原発で発電した電気に一定の価格を保証し、事業者が損をしないようにする制度だ。同じ会合では、米国政府が原発の建設費の一部を債務保証する制度も紹介された。

 来年にかけて進む政府のエネルギー基本計画の見直し作業で、原発の新増設議論が“解禁”されれば、こうした対策も議論されそうだ。経産省や電力業界は、福島第1原発事故と自由化で揺らぐ国策民営の再構築に向け、原発優遇策に対する世論の反応を瀬踏みしているようにも見える。=つづく
[PR]
by oomawotomeru | 2016-03-19 00:56 | 大間原発情報 | Comments(0)


大間原発を止めるための情報交換


by oomawotomeru

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

六ケ所再処理工場、廃棄ダクト..
at 2017-10-18 10:56
原燃またミス
at 2017-10-11 21:40
8月30日 これからどうする..
at 2017-09-18 13:07
大間原発市民訴訟、判決に向け..
at 2017-09-18 09:21
大間原発市民訴訟、判決に向け..
at 2017-09-18 09:21

検索

「小出裕章さんのおはなし」

2012年4月「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」をクレヨンハウスから出版しました。2011年3月変わってしまった世界を生きる子どもたちへ、この本を読んでよりよい未来を生きて欲しいとの願いをこめて書きました。
「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」著者:野村保子 監修:小出裕章

http://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%A5%E3%81%91%E3%82%8B%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97-%E9%87%8E%E6%9D%91%E4%BF%9D%E5%AD%90/dp/486101218X

フォロー中のブログ

dezire_photo...
しゅわそら

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

外部リンク

最新のコメント

「そもそも国政は国民の厳..
by けい at 12:48
まったく仰る通りです。 ..
by 萩谷良 at 08:50
保子さん、昨日はありがと..
by Q at 23:33
気づいた人がいる。こう素..
by みかん at 16:38
http://mb2.j..
by 凡人 at 22:09
最近ネットにて、大間原発..
by 凡人 at 07:07
こういった訴えを聞けない..
by 脱福者 at 13:17
ところで、川内原発の問題..
by 凡人 at 22:25
尚、再処理工場がどれほど..
by 凡人 at 20:45
http://mb2.j..
by 凡人 at 20:07

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
福島原発の今を訪ねて~P..
from ゆさをぢさんの「されがまね話」

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
大間原発情報
原発一般
福島情報
社会

大間FAX通信

映画
沖縄
たべもの
函館市裁判情報

世界
憲法
暮らし
未分類

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

時事・ニュース