<   2012年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

福島の子どもたちの健康調査

北海道深川市立病院の内科医の松崎道幸先生の書かれたものです。
福島の子どもたちの被曝による健康被害について述べています。

福島原発事故で放射線の拡散した地域は特定が難しいほど広い範囲に及んでいる。放射能の汚染は、見えない、匂いもしない、触ることも出来ない。だからこそ危険を避けるために、これまでの知識、経験から身を守るすべを大人は示さなければならない。しかし、健康調査だけをとっても、この国の欺瞞的な制度が、人々をさらに不安にしている現実がある。そしてその不安が病気を呼ぶなどと言う人間、山下俊一が調査のトップにいる。
でも松崎先生は誠実で鋭い視点で、子どもたちの未来を憂いている。

ぜひこの意見書をお読みください。
これは最後のまとめです。

1. 福島県中通地方は、チェルノブイリの高汚染地区に匹敵する放射能
汚染が続いている。
2. チェルノブイリの疫学調査から、そのような地区に長期間居住する
子供たちに深刻な呼吸機能異常と骨髄機能異常が見られることが指
摘されている。
3. 将来のあるこども達に起こるおそれのある不可逆的な健康被害を予
防するためには、速やかに汚染地域から避難する必要があることは
明白であり、それこそが痛苦のチェルノブイリ事故から我々が学び
取るべき教訓である。
以下松崎先生の意見書です。
http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131Matsuzaki-opinion.pdf

a0292602_13513337.jpg


盛岡・宮沢賢治さんの羅須地人協会
[PR]
by oomawotomeru | 2012-10-31 13:45 | 大間原発情報 | Comments(0)

函館市長 国会調査会に出席

大間原発が国の問題になってきた
函館市長が大間原発建設凍結を宣言して早くも1ヶ月が過ぎた
しかし、電源開発は10月10日には本格工事を始め、説明責任をとう質問にも答えない
北海道、函館、いや原発立地地点など頭にないのがこれでより鮮明になった

しかし、時代は変わった
市民の声を無視して国の方向を決める時ではない

官邸前で、道庁前で、各地の反原発・脱原発がこの国を変えようとしている

函館市長は公開の原則を貫き、市民に見える政治を・・。

大間原発めぐる国会調査会
函館市長、出席は「最優先」

 Jパワー(電源開発)が建設を再開した大間原発(青森県大間町)について、函館市の工藤寿樹市長は29日の定例会見で、超党派の国会議員でつくる国会エネルギー調査会などへの出席について、「現在の最優先課題であり、他のものを差し置いても行きたい」と意欲をみせた。
 超党派の国会議員でつくる「原発ゼロの会」事務局の阿部知子議員らが、今臨時国会中にも工藤市長の意見を聴く機会を設けたいとの意向を示していた。
 また会見で「決定権のない人から、ただ文書を受け取るだけでは、あちらのアリバイつくりになる、と述べ、回答を受け取る際には役員クラスの出席と報道期間への公開を求めていると話した。
[PR]
by oomawotomeru | 2012-10-30 10:55 | 大間原発情報 | Comments(0)

函館市長と福島瑞穂党首 会談

大間原発凍結宣言をした函館市長と、社民党の党首 福島瑞穂さんが会談
ここにきて政治にも少し動きが見えてきた

また、市役所8階から大間原発を眺めた
あいにくの曇りで原発こそ見えなかったが、
その近さを実感したようだ

国会で大間を問題にしてほしい、切に思う

以下、毎日新聞から

青森・大間原発:「建設中止を」 社民党首、函館市長と会談 /北海道
毎日新聞 10月25日(木)11時20分配信
 社民党の福島瑞穂党首が24日、函館市を訪れ、大間原発(青森県大間町)の無期限凍結を求めている工藤寿樹市長と会談した。同党は「脱原発」を掲げており、福島党首は「(大間の)進捗(しんちょく)率はまだ37%。引き返すための黄金の橋を渡るべきだ」と述べ、今後も政府に建設中止を求めていくことを明言した。

 また、福島党首は、大間原発周辺にあると指摘されている活断層について、原子力規制委員会に現地調査を実施するよう働きかけるほか、国会でも追及する意向を示した。工藤市長は「函館市は大間原発から最短23キロにあり、事故が起きればこちらの被害が大きい」などと指摘した。
 会談後、福島党首らは、市役所8階から津軽海峡をはさんで対岸の大間町を眺めた。この日はかすんで大間原発を確認することができなかったが、福島党首は「非常に近いことを実感したし、住民の命を守りたいと思う市長の思いも理解した」と語った。【近藤卓資】
10月25日朝刊

a0292602_10351181.jpg

[PR]
by oomawotomeru | 2012-10-30 10:36 | 大間原発情報 | Comments(0)

大間原発を止める道

大間原発を止める道
                               野村保子
 1976年、大間町商工会が町議会に原発建設要請して始まった大間原発。日本の50数基の原発のうち地元が要請した初めての原発である。下北半島を下に進むと、むつ市に使用済み燃料中間貯蔵施設、東北電力東通原発、六ヶ所再処理工場、そのすぐ下には米軍三沢基地がある。地図で見る下北半島は核処理施設の吹きだまりである。

 六ヶ所再処理工場は日本各地の原発から出てくる使用済み燃料を剪断し、プルトニウムを取り出す工場である。プルトニウムを燃やしてエネルギーとプルトニウムを取り出し、それをまた燃やす夢の核燃料サイクルは、高速増殖炉もんじゅの事故で頓挫したままである。すでに40トン以上溜め込んだプルトニウムの存在が世界から注視され、その核疑惑を消すために大間原発は作られる。青森県の電気は東通原発1基あれば足りる。毎年6、5トンのプルトニウムを燃やす大間原発はプルトニウム処理に不可欠なのである。

 大間原発はプルトニウムとウランを混ぜたMOX燃料を100%装荷する。ウランと比べてプルトニウムは燃焼温度が高く、使用済み燃料もまた発熱量が高い。MOX燃料とウラン燃料の使用済み核燃料の発熱量を比較すると、ウラン燃料の10年後よりもMOX燃料の100年後の方がまだ高い。100年経っても減らない崩壊熱を冷やし続けなければならないのである。電気を作らない原発の崩壊熱を冷やし続け、13ヶ月ごとの定期点検を受けるその費用は誰が負担するのか。今生きている私たちでないことは確かである。次の世代、そのまた次の世代に理不尽な負の遺産を押し付けてはならない。原発を作り出した私たちが、このつけの始末をつけなければ世界は終わる。 

 原発は冷却のために必要な水(海水)を毎秒91トン取り込み、7度高くして海に戻す。毎秒91トンの温かい川を津軽海峡に吐き出す大間原発。7度高くした海水は海の生態系を狂わせる。また、海水を取り込む時、海の生物、稚貝やプランクトンを殺すために大量の化学薬品を投入するがその薬品とともに7度高い海水を海に戻すのである。温度と薬品のダブルで海を壊すのが原発なのである。

 大間原発の建設主体電源開発(株)は、原発を建てたことも運転したこともない、MOX燃料を100%装荷する、敷地内に未買収地がある、火山に近い初めての原発、函館・道南には37万人が住む、などこれまで例のない原発である。

 10月1日工事再開した大間原発は、福島原発事故以降初めて新設される原発になる。福島原発事故が福島やその他の多くの人たちに追わせた大きな傷を思うと、これ以上の原発は絶対に作ってはならない。今なら止められる。燃料が入っていない今なら戻れる。そのために出来ることを考えてみた。

* 原告になる

* このことを誰かに話す

* 電源開発に電話あるいはメールする

* お住まいの地方自治体の長、あるいは教育長に電話する

私の考えついたのは以上だが、一人一人が自分で出来る原発を止める方法を見つけてほしい。一人一人が原発が自分の問題になった時原発は止まる。

a0292602_21503686.jpg
[PR]
by oomawotomeru | 2012-10-28 21:54 | 大間原発情報 | Comments(0)

大間原発とめよう 金曜あんどんデモ


a0292602_21313973.jpg
大間原発の工事は再開し
活断層の存在が原発再稼働を揺るがしていると言うのに
大間原発だけはその規制からも外れて、まな板に載らないこの現実
活断層が真下にある可能性が言われているというのに、
原子力規制委員会も大間のことを忘れている
・・ふりをしているのか?

私たちは忘れないし・
大間を止める・
それで繋がる人たちが続々増えている
さむくてもまたデモしましょう!

厳しい寒さにめげず歩く人たちはたくましい!
100人ほどが参加
まだまだ大間原発止めたい人は歩きます

次の集会は 11月3日 函館市千代台運動公園 広場集合
たくさんの人で大間原発を止める道をあるきましょう!!

「やめるべ、大間原発 11、3 北海道集会」
  〜大間原発建設ぜったいだめだべや!!〜
 時間は   13:00 
 集会終了後 14:00よりデモ行進を行います

主催は北海道平和運動フォーラム 道南地域平和運動フォーラム
「脱原発クリーンエネルギー」市民の会
連絡先 函館市新川町2−16  電話 0138−26−1112
[PR]
by oomawotomeru | 2012-10-27 21:28 | 大間原発情報 | Comments(2)

大間工事再開抗議現地集会&マグロ祭り

21日、22日大間町現地デモとマグロ祭りに参加した。

前夜からの雨と風でフェリーは予想以上のゆれ。
湾内にいるときから既に白波が立っていた。
快晴の天候だが寒さは厳しくまるで真冬の格好でそれでも寒さはひとしお

フェリーの前で集まり、函館、青森、弘前、などから計50人ほどが参加

a0292602_17491554.jpg


フェリー乗り場からまがりくねった細い道を役場前までデモ
町の人は祭りにいったのか,ほとんど見かけない
車で時折すれ違う人も、こちらを見ないようである

玄関戸のむこうで中学生くらいだろう、じっとこちらを見ている少女がいた
時折窓越しに見る人がいるくらいで反応が薄い
しかし、デモのシュプレヒコールが聞こえない訳はない
50人とはいえまとまって歩くデモが見えない訳はない
まるでデモなんかないことのように静まり返った町内
原発もまたそうなのか、と思う
原発もデモもないことのようにスルーするのか?
事故が起きなければないことにしてすませるのか?

町の真ん中にそびえる巨大なクレーンと原発が見えない訳はない
それなのにないことのように生きるのか?

a0292602_17575013.jpg


このあとマグロ祭りへ
フェリーから近い港の前で開かれる「マグロまつり」は全国からファンが訪れる人気の祭り
今年の人では13000人と例年並みになったそう

a0292602_1836107.jpg


浜風が吹き付ける中、たくさんのテントが町の名物を並べ
マグロの解体ショーが目玉
立ち見が出るほどのにぎわいである

a0292602_1838274.jpg


マグロ丼や刺身に舌鼓を打ちながら
原発で出来た後の大間町を考える
「マグロの大間」を、「原発の大間」にしてはいけない
[PR]
by oomawotomeru | 2012-10-22 18:40 | 大間原発情報 | Comments(0)

全国金曜デモ一覧

全国で金曜デモが行われています
これは一覧表になっているのを見つけました

金曜日は近くの金曜デモで集まりましょう


https://docs.google.com/spreadsheet/pub?key=0AvJeQ7wWUEaZdEtyNWt6U0poZUJzYk40RU9lekVibnc&output=html


a0292602_15413950.jpg

[PR]
by oomawotomeru | 2012-10-20 15:37 | 大間原発情報 | Comments(0)

大間原発活断層の危険についてわかりやす!

大間原発後郭の活断層が何故危ないのか、
分かりやすい説明です。

海底の活断層が,どのように動いて,津波を発生させるのか、
とても分かりやすく説明しています。
これで大間原発が建ったら、どうなるのか
恐ろしさも同時に感じます


大間原発も危ない 想定以上の大地震・大津波が襲う海底活うさ

週刊実話2012年10月19日14時00分
コメント断層の危
46
 東日本大震災で東北沿岸を襲った大津波は、三陸沖の海底で発見された活断層の影響で巨大化した可能性があるという研究結果が、津波のメカニズムに詳しい東北大の今村文彦教授によってまとめられた。これにより、今後起こりうる大地震や津波の“想定”は見直しを迫られそうだ。
 「当初、あの巨大津波は三陸沖の海底にある陸側のプレートと海側のプレートの境目がずれて発生したと考えられてきました。しかし、それで算出した場合、津波の高さは5メートルとなり、実際に確認された20メートルを大きく下回ってしまう。そのため、三陸沖にある2000~3000メートル級の“崖”からなる海底活断層の影響が高まったのです」(サイエンス誌記者)

 この研究結果について、琉球大理学部名誉教授の木村政昭氏が解説する。
 「たとえば数千メートル級の崖が続く凹凸のある海底が、地震動で10メートル沈んだとすると、海面も10メートル沈む。しかし、海面はリバウンドして元に戻り、その時の盛り上がりが津波となって沿岸を襲うわけです。つまり東日本大震災では、30メートルほど海底が沈んだことになります」

 となれば、不気味なのは他地域の海底活断層の存在だ。実は房総半島南端から南東に百数十キロ離れた太平洋の海底にも、2つの活断層が存在するという。
 「南北に走る2断層はほぼ並行して走っており、東側の活断層は長さ300キロ以上、西側は少なくとも160キロ。崖の高さはそれぞれ約2000メートルと3000メートル超で、つまりはアルプスの山並みと同じ規模。もし2つの海底活断層が活動を再開すれば、M9級の巨大地震とともに巨大津波を発生させる。房総半島の沿岸部はまさに壊滅的な被害を受けるでしょう」(前出・サイエンス誌記者)

 巨大津波で危惧されるのは、やはり原発だろう。10月1日にJパワー(電源開発)が建設工事の再開を発表した大間原発(青森県)付近の海底には、10万年前以降に繰り返し動いた活断層の存在が指摘されているのだ。
 今村教授は早急な海底活断層の研究を訴えている。秒読みとされる「南海トラフ巨大地震」に加え、目前に迫る危機に対応しきれるのか。
[PR]
by oomawotomeru | 2012-10-20 09:13 | 大間原発情報 | Comments(0)

福島みずほさんと小笠原厚子さんが対談

10月10日、福島みずほさんと小笠原厚子さんが対談しました。
大間原発を建てたくない気持ちが伝わってきます。


福島みずほ対談48 小笠原厚子さん「大間原発は絶対に作らせない ...
【福島みずほ緊急連続対談48】 (2012年10月10日) 大間原発の建設即時中止を 訴える10・10緊急院 ...
www.youtube.com/watch?v=yDiGynzsDX0
[PR]
by oomawotomeru | 2012-10-19 11:28 | 大間原発情報 | Comments(0)

大間町で大間原発反対活動のお知らせ

大間町で大間原発反対の現地集会のお知らせです
10月21日 と11月11日、大間町で大間原発反対を訴えます

手続きを踏まないで工事再開した電源開発
新たな活断層が問題になっても、本格工事を強行した電源開発
なし崩しに、大間原発は建てられようとしています

大間町に皆さん集まりましょう

大間原発反対現地集会実行委員会 大間原発反対!

10月,11月の大間原発反対現地行動のお知らせ

「10.1緊急行動 大間原発工事再開するな!現地抗議行動」に引き続き、
以下ふたつの現地行動を呼びかけます。どうか、よろしくお願いします。

大間原発建設工事再開抗議!10・21大間現地デモ

日時 2012年10月21日(日)
   11:10 大間町フェリー埠頭集合
   11:30 デモ出発。フェリー埠頭入り口から大間町役場まで。
主催
  大間原発反対現地集会実行委員会
呼びかけ
  核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会(http://hankakunen.exblog.jp/)
  ストップ大間原発道南の会
  PEACE LAND(http://peaceland.jp/)
共催
  大間原発に反対する会
   大間原発訴訟の会
協賛
  バイバイ大間原発はこだてウォーク

建設工事の即時中止を! 11・11大間原発反対現地集会

日時 2012年11月11日(日)11:40~
    (集会後12:30~大間町内デモ)
場所 大間町 大間原発に反対する地主の会・所有地(「大間原発敷地」隣接・一坪共有地)
   * 6月の現地集会,大MagRockの会場と同じ場所です。

主催
  大間原発反対現地集会実行委員会
呼びかけ
  核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会(http://hankakunen.exblog.jp/)
  ストップ大間原発道南の会
  PEACE LAND(http://peaceland.jp/)
共催
  大間原発に反対する会
  大間原発訴訟の会
協賛
  バイバイ大間原発はこだてウォーク
  青森県労連
  原水禁青森
  大間原発に反対する地主の会
  青森県反核実行委員会
   (10月17日現在)
 ※ 集会・デモ成功に向け、準備など共に活動いただける協賛団体を募集しております。)

賛同のお願い
   個人一口1000円 団体一口3000円
   口座番号 郵便振替 02260-9-125655
   口座名  大間原発反対
  ※ 公表の可否を通信欄またはメールでお知らせください。

連絡先:大間原発反対現地集会実行委員会事務局(事務局長中道雅史)
 青森中央郵便局私書箱17号『在』・あおもり気付 
tel 080-6041-5089 
 mai hankakunenあっとまーくgmail.com

a0292602_9524336.jpg

[PR]
by oomawotomeru | 2012-10-19 09:49 | 大間原発情報 | Comments(0)


大間原発を止めるための情報交換


by oomawotomeru

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

海上自衛隊、アメリカ空母と共..
at 2017-04-13 00:46
海上自衛隊、アメリカ空母と共..
at 2017-04-13 00:46
国際女性デーに思う「女の子」..
at 2017-03-09 00:34
国際女性デーに思う「女の子」..
at 2017-03-09 00:34
国際女性デーに思う「女の子」..
at 2017-03-09 00:34

検索

「小出裕章さんのおはなし」

2012年4月「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」をクレヨンハウスから出版しました。2011年3月変わってしまった世界を生きる子どもたちへ、この本を読んでよりよい未来を生きて欲しいとの願いをこめて書きました。
「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」著者:野村保子 監修:小出裕章

http://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%A5%E3%81%91%E3%82%8B%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97-%E9%87%8E%E6%9D%91%E4%BF%9D%E5%AD%90/dp/486101218X

フォロー中のブログ

dezire_photo...
しゅわそら

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

外部リンク

最新のコメント

「そもそも国政は国民の厳..
by けい at 12:48
まったく仰る通りです。 ..
by 萩谷良 at 08:50
保子さん、昨日はありがと..
by Q at 23:33
気づいた人がいる。こう素..
by みかん at 16:38
http://mb2.j..
by 凡人 at 22:09
最近ネットにて、大間原発..
by 凡人 at 07:07
こういった訴えを聞けない..
by 脱福者 at 13:17
ところで、川内原発の問題..
by 凡人 at 22:25
尚、再処理工場がどれほど..
by 凡人 at 20:45
http://mb2.j..
by 凡人 at 20:07

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
福島原発の今を訪ねて~P..
from ゆさをぢさんの「されがまね話」

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
大間原発情報
原発一般
福島情報
社会

大間FAX通信

映画
沖縄
たべもの
函館市裁判情報

世界
憲法
暮らし
未分類

タグ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

時事・ニュース