<   2013年 04月 ( 34 )   > この月の画像一覧

「脱原発をめざす首長会議」、函館市長はなぜ参加しないのか?

a0292602_2221166.jpg


函館市長はなぜ、参加しないの?
「脱原発をめざす首長会議」の参加者は、38都道府県、86人になる。
裁判を考えているのに脱原発じゃないなんて、おかしい。
地方自治体が持つ権限と国との争いになるとき、
多く自治体と手を結ばなければ実現は難しい。
函館市長の見解は「大間原発凍結」だが、もう一歩進んでほしい。
凍結は再開の可能性を含む。



東京新聞より
2013年4月29日 朝刊


 全国の市区町村長や元職の有志でつくる「脱原発をめざす首長会議」は二十八日、設立一周年を迎えた。会員数は十六人増加し、この一カ月だけで現職五人が新加入した。東京電力福島第一原発事故から二年が経過し、安倍晋三首相が原発再稼働を明言するなど、脱原発をめざす動きが正念場を迎える中、危機感を背景に首長の輪は広がりつつある。
 「原発事故から時間がたち、脱原発の世論が少し低下している時期なので、もう一度この問題をクローズアップさせたかった」。二十八日午後、茨城県東海村で開かれた首長会議総会後の記者会見。同県常総市の高杉徹市長は六日前に加入した理由を語った。今月一日に名を連ねた岐阜県北方町の室戸英夫町長も「政権が変わり(国の原発政策の)雲行きが怪しい方向に流れる状況で、脱原発の世論づくりの応援ができたら」と抱負を述べた。
 会議は一年前、三十五都道府県の首長や元首長計七十人で発足。これまでエネルギー基本計画作成をめぐり政府に「原発ゼロ」を要求したり、勉強会を開いたりしてきた。
 この間、会員数はじわじわと増加。今月には二人のほか、東京都多摩市の阿部裕行市長、滋賀県米原市の平尾道雄市長ら三人が入り、三十八都道府県、八十六人に達した。
 阿部市長は二十六日の定例会見で「多摩市にも福島県から避難している人が百人いる。原発事故が収束していないことにきちんと向き合う必要がある」と加入理由を述べた。
 この日は神奈川県小田原市の加藤憲一市長、茨城県かすみがうら市の宮嶋光昭市長、栃木県那須町の高久勝町長ら、代理を含め十六人が出席した。地元東海村の村上達也村長は「原発事故の経験に照らし、地震列島日本から原発をなくしていきたい」とあいさつ。会合では、安倍首相に対し、被災者の生活再建や原発新設をしないことなど八項目の要求を決議した。 (中山高志)
[PR]
by oomawotomeru | 2013-04-30 22:21 | 大間原発情報 | Comments(1)

フランスからの情報 日本緒原発続々再稼動予定

この国がなぜ原発を止めないのか、活断層に囲まれ、地震多発地帯で、狭い国土に逃げ場のないこの国が、なぜ原発を手放さないのか。
今考えなければ7月過ぎたらもう遅い。
本当に戦争したいのですか、
もう二度と原発事故が起きないと信じているのですか?
福島原発事故で放射能が日本全体に拡散しているのを知らないのですか?
知らないことにしたいのですか?
福島を経験した今、それでも原発受け入れるのですか?
私の答えはNO!


日本に住むフランス人のダニー ネフセタイマブソンさんより:

高浜原発用のプルトニウム混交燃料MOXは、とうとう昨日4月17日16:00頃、シェルブール港から海に出ました。このビデオを見てください。ぞっとする。機動隊に囲まれて、夜闇にサイレンを鳴らしながら、港に向かうトラック3台。戦時中の映像のようだ。わが国フランスよ、恥じを知れ!
昨日、友人の友人が、フランス大使館の原子力担当から聞いたのだ:
「高浜原発は9月に再稼動される」と。
フランス人官僚は日本人よりも饒舌だから、この真実が漏らしてしまった。
日本の皆さん、そろそろ目覚めてください。すでに、すべて決まっているよ。アレバ社とフランス大使館と日本政府と関電の間では。
「原子力規制委員会」のあいまいな動きは、ただのパーフォマンスだ。田中俊一委員長が「スタッフ不足で、新基準が7月に決まっても、数年かかる」と言っているのは全50基の点検のことであり、日本国民を”安心”させるためのレトリックに過ぎない。
フランス大使館の原子力担当が言っている通り、7月に日本の参議院選挙が終わったら、真っ先に高浜を規制委員会に見て貰って、9月には絶対に再稼動させる。だって、大飯原発が点検で停止する前に再稼動させなければならないのだ。大飯は本来7月までに定期点検を行うべきだったが、特別許可で11月まで延長させた。つまり、去年の5月のように「原発ゼロ」の前例をつくるのは困るから。だから大飯を止める前に、絶対に高浜を再稼動させる(高浜なら福井県だから、西川知事はすでにOKを出しているし、すぐに稼動できる)。
それで、何が何でもMOXの日本到着を夏までに間に合わせるようにした。
作戦がみえみえだ。
日本政府は、選挙まで、とにかく絶対にバレないようにする。このままいけば、自公+維新+みんなの党で議席数の3分の2が取れる。そうすれば、多くの再稼動だけではなく、憲法改正もできる。
日本の有権者の皆さん、今度こそ騙されないでくださいね、と言いたいが、もはや絶望的だ。夏からこの国は恐ろしくなる。
[PR]
by oomawotomeru | 2013-04-30 21:50 | 原発一般 | Comments(1)

歌って歩いて大間を止める 今

函館まちづくりセンターで「うたって あるいて 大間を止める」をやっています。

a0292602_156658.jpg


コンサート&デモ&小さな集会です。

おま原発訴訟の会代表 竹田としこさんから 第三次提訴のお知らせ
原告はこれで665名に。
函館、道南、北海道、全国から原告があつまりました。

こちらはデモの様子。
a0292602_1592473.jpg


西部地区、函館山を見ながら、ウオーターフロントを歩いて
大間原発を止めるためのデモを行った。
からづるな傘にストップの気持ちをこめて。

来月は五月12日、七飯町 大中山コモンです。
デモ&コンサートのあと、
電源開発函館事務所にピールします。
[PR]
by oomawotomeru | 2013-04-28 15:10 | 大間原発情報 | Comments(0)

いわき市で学校給食にいわき米使用、五月スタート止めましょう

子ども達の内部被曝が心配です。

これまでんぽ被曝のうえにさらに少しの被曝も避けなければならないのに、
なぜ給食なのか?
県議会、市役所、電力会社など原発責任緒ある場所の食堂で使うべきでしょう。
とにかく子どもに被曝のリスクを負わせてはなりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
緊急拡散!
コメントごとシェアします!

いわき市でもいわき産のお米を給食に使用することになるらしい。

連休明けにそのお便りが配布され、5月からスタートするらしいという噂が流れています。

実際にこの説明を校長から受けた学校もあるそうです。

土壌の調査は進んでおらず、どのような核種が存在するのかも分からない状態であり、現在の食品測定によって全ての安全性が明らかになっている訳ではありません。

『県は新年度、県産食材を給食に使う市町村に食材購入費を補助する。食材のルーツについての周知も図るという。子どもたちに、自分たちが食べる給食がどこで取れたものかを教え、食を支えている人たちに感謝する気持ちを育みながら「地産地消」の推進に努めてほしい。』

この的はずれな記事を読んだすぐ後に教育委員会に問い合わせたところ、そのような話は全く聞いていないという答えが返ってきました。その事実が認められた時点で電話を下さいとお願いしましたが、来ていません。

いわき市長は私たちの公開質問状に対し『初期被曝の事実はある』と答えています。

そして、私たちは給食においてはゼロベクレル基準を目指すことを宣言することを求めています。

火のないところに煙は立たないと思いますので、週明けには教育委員会保健体育課に問い合わせをしたいと思います。

保健体育課保健給食係
電話0246227506

すべての大人の皆さん、協力をお願い致します。

子どもたちにこれ以上の被曝をさせてはいけないと思っています。

間違った大人たちの都合によって、子どもの人権が脅かされ続けています。

申し入れに飛び入り参加してくれた台湾在住のいわき出身のママがこう言っていました。

『台湾の人たちも、わたくしごととして考えています。日本が、福島が、いわきが、子どもたちをどのように守るのかを見ています』

これはここだけの問題ではなく、社会構造が作り上げた問題の影響を子どもたちが受けているという社会全体の問題です。

どうか、お願い致します。問い合わせをして頂けますよう、子どもたちを守ってほしいとお願いして頂けますよう、お願い致します。

『将来を担う子どもたちの力が必要だ』という大人の都合 | いわきの初期被曝を追及するママの会
iwakinomama.jugem.jp
[PR]
by oomawotomeru | 2013-04-28 09:12 | 福島情報 | Comments(0)

大間原発沖活断層について詳しく

昨年の情報ですが再度、活断層の恐さを認識しましょう。
津軽海峡の活断層が動いたら、大間も東通りも六ヶ所も影響受ける可能性がある。
科学的知見は人の幸せのためにあるべき。

a0292602_853169.jpg


「津軽海峡の底に長大な活断層が存在する可能性」

「津軽海峡の底に長大な活断層が存在する可能性」 渡辺・鈴木・中田教授ら変動地形学研究グループが発表

青森県の下北半島は、再処理工場など核燃料サイクル施設(六ヶ所村)、日本 原電・大間原発(大間町)、東北電力・東通原発、東京電力・東通原発(東通 村)、使用ずみ燃料中間貯蔵施設が稼働中か、または建設中かの「原子力半島」 であるが、

このほど、「津軽海峡の底に長大な活断層がある存在する可能性がある」との学会報告があり、改めて、関連施設の耐震安全性についての見直しが必至となっている。

六ヶ所核燃施設直下とつながる100㌔の活断層(M8 級)

これは渡辺満久・東洋大学教授、鈴木康弘・名古屋大学教授、中田高・広島工 業大学教授ら変動地形学の研究グループが5月28日、学会で発表した。

渡辺教授らは六ヶ所施設のすぐ東側を南北に走っている長さ15㌔、幅1㌔の 特異な隆起を確認。

渡辺教授らは「地下に活断層がなければ、施設周辺の地形は 説明できない」と指摘、隆起の地下に活断層(逆断層型)が隠れて存在するとした。

また、隆起の規模や地形の連続性からこの活断層が沿岸海域の「大陸棚外縁断層」とつながっており、全体で長さ100㌔に達する活断層であり、M8クラ スの地震を引き起こす可能性があると結論している。

「新指針」では活断層を「12万~13万年前以降の活動を否定できない断層」と定義しており、渡辺教授らは「地層からも、原燃の探査データからも、施 設直下の断層は12万年前以降に活動している」としている。

同じく施設東側の 活断層「出戸西方断層」(長さ6㌔)の地下500~1500㍍に、施設直下へ 斜めに沈み込む新たな活断面があった。

原燃は先の中間報告で地震断層として「出戸西方断層(M6.5)」を評価地震としており、今回発表に対しても「つながっていない」と即日反論している。

しかし、渡辺教授は「出戸西方断層は、今回見つかった断層から派生してできた もの。
原燃は断層本体を見落としている」と批判している。

また、中田教授は、この5月着工した電源開発(Jパワー)・大間原発につい て、「原発周辺の津軽海峡の底に長大な活断層が存在する可能性を否定できないのに、国は安全審査で十分考慮しなかった」として「新しい手引きにのっとり、 安全審査をやり直すべきだと指摘している。
この事情は、東北電力・東通1号機 も同じである。
[PR]
by oomawotomeru | 2013-04-28 08:52 | 大間原発情報 | Comments(1)

大間原発近くの活断層を国も電源開発も認めない

大間原発近くに活断層、国と電源開発は認めない

建設中の大間原発近くに断層想定 国と電源開発は存在認めず
NEWS ポストセブン 4月27日(土)7時6分配信
 地震大国ニッポンの最深部には、名古屋や大阪の中心部など、これまで知られていなかった「未知の活断層」の存在が明らかになっている。 活断層への警戒が必要なのは、陸地ばかりではない。

「海底にある活断層も音波などを使って調査が進んでいるが、なかなか発見が難しい。しかし、地上の倍くらいの活断層があると推定されている」

 とは京都大学の岡田篤正名誉教授(変動地形学)である。また東洋大学の渡辺満久教授(変動地形学)は、原子力発電所のすぐ近くを走る海底活断層が存在する可能性も明らかにしている。

 例えば「積丹半島西方沖断層」は、泊原発の西方沖10~15キロに想定される海底活断層だが、北海道電力と国は存在を認めていない。そのためこの活断層名も仮称のままだ。

 建設中の大間原発(青森県)近くの沿岸海底には「大間崎北方沖断層」が想定されるが、これも事業者の電源開発と国は存在を認めていない。渡辺教授が厳しく指摘する。

「政府や電力会社が活断層に対して“原発建設ありき”の杜撰な評価を繰り返してきた感は否めない。原発周辺の活断層評価をやり直すべきです」

 陸地にも、海底にも、至るところに存在するであろう“未知の活断層”。見てきたように、M6クラスの地震はいつ、どこで起こってもおかしくないのが現実だ。 我々はどう対処すればいいのか。渡辺教授はいう。

「今回の淡路島の地震でも、死者はゼロでけが人が32人と、規模の割に大きな被害は出なかった。

 一方、2011年にアメリカのバージニア州で起きたM5.8の地震では、ワシントンDC周辺がパニック状態に陥った。これは住民の意識の差です。いつ活断層による地震が起きてもしっかりと対応できるような、防災意識を培っておくことが最も有効な対策といえるでしょう」

※週刊ポスト2013年5月3・10日号
[PR]
by oomawotomeru | 2013-04-28 08:20 | 大間原発情報 | Comments(0)

今年も大間でマグロック&現地集会

日本の原子力の未来を決める、
大間原発を止めるために
皆さん大間現地に集まりましょう!

大間現地集会&マグロックのお知らせ

a0292602_1853991.jpg

大間現地集会は今年で6回目を迎えた。
昨年は200人を超えてあつまったが。今年はもっと起きな人で埋まる予定

6月15日(土) マグロック

6月16日(日)大間現地集会
函館からの参加についてのスケジュールです。
 8:20 津軽海峡フェリー集合 日帰り参加費  4000円
 9:10 函館発        会員先行予約受付中
10:40 大間着        フェリーは50名予約受付
11:10 集会開始       
13:50 デモ終了
14:10 大間発
15:40 函館着・解散
[PR]
by oomawotomeru | 2013-04-27 18:59 | 大間原発情報 | Comments(5)

明治公園で逮捕されて その9 完

不起訴・釈放後となったT氏は、一人の反乱は実はみんなに支えられていたと話した。
逮捕、拘禁されたときから、不起訴に持ち込むことを自分の目標として来たことを語った。

公園での逮捕(3月9日)、私の経験について、
 │  今後のために報告します。(連載その9-最終回-)
 └────(多辺田 政弘)

~~~不起訴・釈放になってうれしかった。その陰には多くの皆さんの
  支援があった。これからも私にできる「脱原発の道」を歩く。~~~

 釈放されて、湾岸所の建物を出る所まで四谷署の三人が見送に出てきた。私
は「お世話様になりました」という言葉が咄嗟に口から出た。自分でも可笑し
かった。
 モノレール「ゆりかもめ」の「船の科学館」駅まで迎えに来てくれた三人と
歩きながらお喋りをした。友人は(たぶんユーモアも込めて)「心配して損し
た」と言って憮然として黙って歩いた。娘などは「警察に先生なんて持ち上げ
られていい気になっていたんじゃないの」と怒っていた。三人は私が「寒い留
置場の中で辛い夜を過ごしたんじゃないか。辛い取り調べを受けたんじゃない
か」と心配していたのに、当の本人があっけらかんと笑いながら四谷署の署員
に「お世話になりました」なんてお辞儀までしていたのが不思議でしょうがな
かったようなのである。
 なるほど、皆が憮然としていた気持ちは痛いほどよくわかった。しかし、私
はやはり秘かにほくそ笑んでいたのである。私は手錠を掛けられた時から、
「不起訴・釈放に持ち込むことが私の闘いだ」と決めていたからである。「こ
んな些細なことで公務執行妨害罪なんて成立させてたまるか。不起訴にするこ
とが、逮捕の正当性がなかったということを公に認めさせることになるのだか
ら。不起訴は警察の負けということになる」と。だから、四谷署の人たちも敗
北したことを理解して神妙だったのだろう。…しかし、正直言えば、私がニコ
ニコしていたのは、そういうカッコイイ図式的な見方からだけではなかった。
やっぱり解放されて嬉しかったのと、一日でも顔を付き合わせて取調室で向か
い合った四谷署の人の良さそうな刑事を単に「権力側の手先」とだけしか見れ
なかった訳ではなかったからでもあります。やっぱりどうしようもなく人間が
見えてきてしまうのです。――そんな私の割り切れない(「煮え切れない」と
言うべきか)「心の内」は、その時心配しながら迎えに来てくれた三人にはす
ぐには言えませんでした。
 それから、新橋に出て駅の近くで四人でラーメンを食べながら、私には想像
だにしなかったことが外で起こっていたことを知らされました。ユーチューブ
で逮捕劇の画像が流され、四谷署と湾岸署に抗議の電話や釈放要請が沢山送ら
れたという話。弁護士さん達が東奔西走して下さった話。いやはや、ビックリ
する話ばかりだった。この間、私の娘や弟も連絡の中継役になって大変だった
ことなどを矢継ぎ早に聞かされてビックリ仰天した。
 とにかく、集会の主宰者たちが心配しているから、ちょうど今夜開かれてい
るシンポジウムに行って、主催者側に経過を説明する義務がある、と娘たちに
強く言われ、私も納得し、大井町の駅の傍で開かれていたシンポジウム会場に
向かった。そこで、「3・9さよなら原発集会・デモ」の実行委員の人々に会
い、経過説明とお礼を述べて、帰宅させて頂いた。私は逮捕後、壁の中では自
分一人で「たった一人の反乱」をしていると思っていましたが、そうではなか
ったのである。ご支援いただいた方々に心より感謝申し上げます。ここでは省
略させて頂きますが、「不起訴」になったのは、多くの皆さんからの支援の賜
物であったということは、振り返ってみれば、何となく「思い当たる」場面
(四谷署、湾岸署や東京地検での対応)がいくつもありました。やっぱり皆さ
んの声が四谷署にも湾岸所にも東京地検にも届いていたのだ、と確信しました。
本当に有難うございました。
 私はこれに懲りることなく、これからも私にできる「脱原発への道」とは何
かを考え、この経験の意味を深め、ささやかでも私なりに出来ることを模索し
続けることによって、皆さんへのお礼とさせて頂きたいと思っています。
              (二〇一三年三月二三日 多辺田政弘)<完>
[PR]
by oomawotomeru | 2013-04-27 17:17 | 原発一般 | Comments(0)

大間原発訴訟第三次提訴 函館地裁於

大間原発訴訟の会では第三次提訴を函館地裁に行った。
原告団はこれまでと会わせて、665人。


大間原発中止 3次提訴 函館市民ら287人、計665人に(04/26 16:30)
 【函館】電源開発(東京)が工事を再開した大間原発(青森県大間町)の建設に反対する函館市民ら287人が26日、同社と国を相手取り、建設差し止めなどを求める訴訟を函館地裁に起こした。2010年、11年に続く第3次提訴で、原告団は合わせて665人になった。

 訴状によると、使用済み核燃料から取り出したプルトニウムと、ウランの混合酸化物(MOX)燃料を、実験炉を経ずに全炉心で使う危険性などを指摘し、「大間原発の建設は直ちに差し止められるべきだ」としている。<北海道新聞4月26日夕刊掲載>
[PR]
by oomawotomeru | 2013-04-27 02:23 | 大間原発情報 | Comments(0)

明治公園で逮捕されて その8.

逮捕されてから二日目に不起訴、釈放となった経過は、
塀の中では見えない中で自分の身の上が決められていく。
これがカフカの不条理の世界、そのもの。
言葉を持ち、支援の家族がいて初めて落ち着いていられるのではないか。
もし支援も、家族も、言葉も持たない自分がこのような場に置かれたら、
と考えると恐怖だけが募る。

明治公園での逮捕(3月9日)、私の経験について、
 |  今後のために報告します。
 |  脱原発運動の今後に少しでも役立てば(連載その8)
 |  不起訴・釈放になった-妻と娘と友人の迎え
 └───多辺田 政弘(元沖縄国際大学教授、元専修大学教授・環境経済学)

 地検の裁定が護送係の四谷署員に伝えられたのは二時を回っていたように思う。
一人の署員が、取り調べ控室の中に居る私に声を潜めて「不起訴・釈放です」と
教えてくれた。予想通りとは言え、ソレを聞いて心底ホッとしました。
 湾岸署に護送される帰りの車の中で、同行の四谷署員が「検事の指示は、釈放
は身受け引き取り人(家族か弁護士)が迎えに来てからという条件が付いていた」
と話していた。
 地検から湾岸署に着いたのは三時過ぎごろだったと思う。四谷署員から湾岸署
員に身柄を渡され、取りあえずもう一度前の留置場の部屋に戻された。しかし、
その際にもう手錠を嵌められることはなかった。部屋では「親分」がゴロリと寝
転んで昼寝をしていた。もう一人の「六法君」は警察の取り調べ室に呼ばれて居
なかった。私も「親分」の昼寝を妨げないように部屋の片隅でごろ寝をした。何
故かこの部屋が急に懐かしく遠いものに見えてきた。あとから、「六法君」が
「取り調べ中、ずっと黙って刑事と向かい合っていたよ」と言いながら取り調べ
室から戻ってきた。釈放になったことを言うと「よかったですね」と喜んでくれた。
 身受け引き取り人として「私の妻」を指定したが、家とは連絡が取れないと何
度か湾岸署員の留置係が言いに来た後で、別室に呼ばれた。「他にすぐに連絡を
付けられる者はいないか」と言われたが、「妻がこちらに向かっているはずです
から。弁護人の小竹先生に連絡すれば妻に連絡が付いているかどうかも分かるは
ずです」と言って、妻との連絡を再度頼んだ。湾岸署員が身受け人との連絡にか
なり焦っている様子が読みとれたが、何でも待たせる警察官が何故そんなに慌て
ているのか、よく分からなかった。また三人部屋に戻された。
 やっと「身元引受人が来たから」と房から出されたのは四時頃だったと思う。
私は、で一宿一飯の恩義を受けた二人の同居人に挨拶をして出た。
 別室で留置場に預けた財布その他のリストと照合しながら身の回り品を確認し
返却された。それから、湾岸署員から、四谷署の奥迫刑事と二人の署員が三時ご
ろから待っていたと知らされ、押収していたジャンパーなどを返却に入ってきた。
なるほど、湾岸署員が身受け引き取り人との連絡を焦っていたのはそういう事情
だったのかと分った。悪びれた様子もなく、しかしいつになく神妙な顔で三人は
現われて軽く会釈した。その後から、妻と娘と友人の三人が入ってきた。私は、
ニコニコ笑ってご苦労様と言ってちょっぴり雑談をした。(つづく)
[PR]
by oomawotomeru | 2013-04-27 01:57 | 原発一般 | Comments(0)


大間原発を止めるための情報交換


by oomawotomeru

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

海上自衛隊、アメリカ空母と共..
at 2017-04-13 00:46
海上自衛隊、アメリカ空母と共..
at 2017-04-13 00:46
国際女性デーに思う「女の子」..
at 2017-03-09 00:34
国際女性デーに思う「女の子」..
at 2017-03-09 00:34
国際女性デーに思う「女の子」..
at 2017-03-09 00:34

検索

「小出裕章さんのおはなし」

2012年4月「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」をクレヨンハウスから出版しました。2011年3月変わってしまった世界を生きる子どもたちへ、この本を読んでよりよい未来を生きて欲しいとの願いをこめて書きました。
「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」著者:野村保子 監修:小出裕章

http://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%A5%E3%81%91%E3%82%8B%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97-%E9%87%8E%E6%9D%91%E4%BF%9D%E5%AD%90/dp/486101218X

フォロー中のブログ

dezire_photo...
しゅわそら

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

外部リンク

最新のコメント

「そもそも国政は国民の厳..
by けい at 12:48
まったく仰る通りです。 ..
by 萩谷良 at 08:50
保子さん、昨日はありがと..
by Q at 23:33
気づいた人がいる。こう素..
by みかん at 16:38
http://mb2.j..
by 凡人 at 22:09
最近ネットにて、大間原発..
by 凡人 at 07:07
こういった訴えを聞けない..
by 脱福者 at 13:17
ところで、川内原発の問題..
by 凡人 at 22:25
尚、再処理工場がどれほど..
by 凡人 at 20:45
http://mb2.j..
by 凡人 at 20:07

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
福島原発の今を訪ねて~P..
from ゆさをぢさんの「されがまね話」

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
大間原発情報
原発一般
福島情報
社会

大間FAX通信

映画
沖縄
たべもの
函館市裁判情報

世界
憲法
暮らし
未分類

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

時事・ニュース