<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

福島原発井戸からストロンチウムとトリウム

1日400トン流入する地下水が汚染?
地下タンクよりも原発に近い井戸が汚染。
くみ上げた汚染水より濃い汚染で、
これが海に流れて行っていないのを誰が保障できるのか?
あまりにひどい東京電力。
それでも原発再稼動するのですか?
それでも新規の原発作るのですか?


a0292602_22565883.jpg


東京電力福島第1原発敷地内海側の観測用井戸から高濃度の放射性物質を含む地下水が検出された問題で、東電は29日、海から約6メートルの地点で28日に採取した地下水から、1リットルあたり43万ベクレルの「トリチウム」とストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質濃度が、1リットル当たり3千ベクレルの高い値を検出したと発表した。(産経)



観測地点は、2号機タービン建屋東側に新たに掘られた観測用井戸で、現在4カ所あるうちで最も海に近い。海から約25メートル地点の観測用井戸で5月24日に採取された水は1900ベクレルで、今回の濃度は約1・5倍に当たる。

5月24日採取分からは、法定濃度の8倍のトリチウムと33倍のストロンチウム90を検出。今回トリチウムに大きな変動はなかった。東電はストロンチウムなどについて今後核種の分析を進める。

東電は今回採取された地下水について「高い値のストロンチウムを検出する可能性は否定できない」と説明。海への流出については「データの蓄積を進め総合的に判断したい」としている。

また、第一原発の港の海水で放射性物質の濃度に大きな変化はないとしているが、海側の地盤に薬剤を注入し、海に流れ出ない壁を来月中にも作る予定である。

同原発では、1日400トンの地下水が建屋地下に流れ込み汚染水となって増え続ける問題もある。東電は建屋山側の汚染される前の地下水を海洋放出する計画だが、地元漁業者の同意には至っていない。
[PR]
by oomawotomeru | 2013-06-30 23:01 | 福島情報 | Comments(0)

村上春樹 2011年11月インタビュー日本未公開

作家村上春樹さんのロングインタビューです。
2011年11月、福島原発事故から8ヶ月後にオースラリア人ジャーナリストの取材を受け、話しています。原子力あるいは核について強い口調で語っています。

村上春樹 未公開インタビュー「まじめで強い日本人には、原発をなくすことができる」

a0292602_10493156.jpg

ブランドナー氏がまとめた東日本大震災のルポ本「Reportage Japan」と日本語版「Japanレポート3.11」
「今回ばかりは、日本人は心の底から憤っていい」――。作家、村上春樹氏(64)が2011年11月、オーストリア人ジャーナリストに強い口調で原発事故を語った日本未公開インタビューの存在が明らかになった。未曾有の原子力事故に対して誰も責任を取ろうとしない現状を指摘し、「日本の非核三原則も偽善だ」と非難する激しい内容だ。(ジャーナリスト・桐島瞬、翻訳・岩澤里美)
村上氏が初めて福島原発事故に対する意見を述べたのは2011年6月、スペインのカタルーニャ国際賞の授賞式だった。
「私たち日本人は核に対する『ノー』を叫び続けるべきだった。私たちは技術力を総動員し、叡智を結集し、社会資本を注ぎ込み、原子力発電に代わる有効なエネルギー開発を、国家レベルで追求するべきだったのです」
内容の大半を東日本大震災と原発事故に費やし、国の原子力政策を正面から批判したバルセロナでのスピーチは話題となった。

■ 東電、政治家を痛烈に批判
その5カ月後。村上氏は東京で、オーストリア人ジャーナリスト、ユーディット・ブランドナー氏(50)のインタビューを受け、再び原発事故について語っていた。その内容は、バルセロナでのスピーチをはるかに上回る激しいものだった。
インタビューは、オーストリア放送協会のラジオ番組で村上氏の肉声とともに昨年3月に放送され、ブランドナー氏がまとめた東日本大震災のルポ本(Reportage Japan、日本語版=Japanレポート3.11)にも収められた。だが、残念ながら日本語版への掲載は村上氏の許可が得られず、日本の読者が中身を知ることはできない。
そこで、インタビューで村上氏が何を語ったのか、放送された内容やブランドナー氏への取材を通じて明らかにしよう。
――「日本は3.11以降、岐路に立っています」と村上春樹は述べ始めた。いや、社会の中の大きな変化は彼にも見えない。「ほとんどの芸術家や知識人、そして国民の大部分が望むように、私も変化を望んでいます。でもこの考えを取り入れる政治家はいません。私にはそれが理解できません」(Reportage Japanから引用)
安全性に自信を持っていたはずの原発が壊れ、日本人は自信を失った。国民全体がこれからどちらへ向かえばよいのか迷い、不安の中にいる。日本が変わって欲しいと願う人は多いが、リーダーシップを持った政治家がいないと村上氏は言う。
変わるためにはまず、原発事故の責任を誰かが取るべきだと考えている。
「東京電力の社長とか何人か、本当に刑務所へ行くべきだと思う。何より日本の検察庁が刑事告発しないのです。これはすごく変なことだと僕は思います。誰も責任をとることをしないのです。これは、すごく間違ったことと僕は思います」
事故を起した当事者が責任を取るのは当然のことで、事業責任者を訴追しない国にも苛立ちを見せている。

村上氏によると、日本には大きな問題が3つあるという。
――誰も責任を取らないこと、日本に国民投票がないこと、緑の党がないことだ。(中略)市民運動が働きかけているように、国民が国家レベルで直接投票する選択肢が日本にあれば、大多数が原発に反対だと表明するだろうと村上は確信している。「でも、私たちにはそれがないため、人々は意思表示ができないのです。彼らには現在の政治家たちと戦う力がありません」(Reportage Japanから引用、注:緑の党は2012年7月に結成)
ブランドナー氏が補足する。
「『政治家の指導力が不足し、私がバルセロナでスピーチをしてもそれを掬い上げる政治力がない。グランドプランを示せる人もいない。国民投票制度が存在せず、国民が意志を発表できないことは、原発事故で生活の基盤が失われてしまった福島の人たちにとって不幸なことだ』と話していました」
村上氏が多くの日本人は原発に反対しているのを感じたのは、バルセロナでのスピーチを聞いた知り合いの反応からだ。ラジオ放送で流れたインタビューの中でもこう語っている。
「僕の知っているほとんどの人は(スピーチの内容に)賛成してくれたし、日本人の中で、原子力発電は間違っていると思っている人は多いのだと思いました」
中にはインターネット上で村上氏に否定的な発言もあった。だが調べて見ると、それは東電の社員がやっていることが多かったと言う。
村上氏は、日本人のまじめで強い資質をもってすれば、原発をなくす事はできると語る。
――原子力の撤廃は可能だと彼は確信する。日本がテクノロジーの面で、代替エネルギーに振替えられるからというだけではない。日本人の独特の「国民的な気質」にもよる。「一旦、国家目標が決められれば、全員がそれを達成するよう努力します。一旦、何かが決定されれば、全員そろってそれに従います。もし原子力の撤廃が決まれば、全員が絶対に努力してその実現に協力し、自分たちの電力消費も喜んで減らすでしょう。けれども、いまはそんなふうに目的を決定する人が誰もいないのです」(Reportage Japanから引用)
日本人は感情を出すことが得意ではない。だが、10万人以上が自分の土地を離れなくてはならなくなった今回の原発事故では、「日本人は心の底から憤っていい」と村上氏は考えている。
その一方で、こんな疑問も呈した。
「『広島、長崎への原爆投下でたくさんの人が死んだのに、どうして原発ができたのか。それはよく分からない』、『政府が原爆は悪い、原発は良いと教育や情報操作をしていたのは大きいことだと思う』とも言っていました」(ブランドナー氏)


■ 在日米軍基地に核兵器、憲法第九条は偽善
やがて二人の話は、鉄腕アトムに及ぶ。
――村上は私たちの対談で、一例として、50年代の日本のポップカルチャーから原子力を肯定的に描いた漫画「鉄腕アトム」を挙げた。「鉄腕アトム」(アトミックボーイまたはアストロボーイ)とは逐語訳で「鉄の腕の核」のことで、スーパーヒーローの少年だ。原子力のおかげでスーパーパワーを持つ。このヒーローによって、原子力に対する肯定的なイメージが国民に浸透した。(Reportage Japanから引用)
手塚治虫氏の漫画、鉄腕アトムの連載が始まったのは、戦後7年経った1952年。一方、日本の原子力研究開発予算はその2年後に国会に提出され、55年に原子力基本法が成立した。手塚氏の意図がどうだったにせよ、結果的にアトムは原発推進に一役買うことになってしまった。
インタビューで村上氏は、米軍の日本への核兵器持ち込みというデリケートな問題にも触れた。
――日本の憲法はいまもって核兵器に反対し、その製造、所持、配置を放棄している。これは偽善だと村上は激しく非難する。アメリカ軍が日本の米軍基地に核兵器を持っていることは一般的に知られているのに、誰もが何も知らないかのように振る舞っているからだ。憲法第九条が、長い間「平和条項」と特別に呼ばれてきたことは誰もが知っているはずだ。(Reportage Japanから引用)
村上氏はこう言い切る。
「沖縄の米軍基地に核兵器があることをみんな知っているのに、知らない振りをしたため、中身の無い平和憲法になってしまった。憲法第九条が骨抜きというか、守られてこなかったことは、日本人なら誰でも知っていること」
相手が誰であろうと臆することなく物を言う村上氏の姿勢には、09年にエルサレム賞を受賞した際のスピーチを思い出す。周囲の反対を押し切りエルサレムに出向き、イスラエルのパレスチナ自治区ガザ侵攻をこう批判した。
「高く硬い壁と、それに逆らって割れる卵があったら、私は常に卵の側に立つ。たとえ壁が正しく、卵が悪くても関係ない。私は卵の側に立つ」

■ 岐路に立つ日本にふさわしい小説を
村上氏は、ある種の覚悟を抱いて発言を続けているのだろうか。ブランドナー氏が、日本で最も成功した作家として特別な責任を感じているのかと水を向けると、村上氏はこう答えた。
「自分の仕事は書くこと。だが、外国に出て語ることも僕の責任だと思っている。そういうところで発言できる日本人は限られている。だから、きちんと意見を言いたい」
村上氏が早稲田大学で過ごした時代は、全共闘の真っ只中だった。多くの全共闘世代と同じく、当時が原風景として残っているという。
――「私たちは18歳、19歳、あるいは20歳で、非常に理想主義的でした。私も世界が段々とよくなるだろうと、私たちはそう、それに向かって頑張っていたわけですが、そう信じていました。当時は非常にナイーブでした。そして多くのことが起き、私はもう信じなくなったのです。でも、この理想主義は感傷的な思い出として残っています。いまのほとんどの若者は、そんな理想主義をもう持っていないと思います。少なくとも、大規模な運動はありません。私の世代はこの理想主義がかつて存在したことを重視しています。それ以降、すでに40年が経過しましたが、そのような時がまた来ないのだろうかと自問します。それが成功するかどうか?分かりません」(Reportage Japanから引用)
村上氏が3年ぶりの長編小説を書き始めたのは、このインタビューから3ヵ月後のことだ。このときはまだ、どういうものを描くのか決めていなかった。村上氏はこう話している。
「原子力発電所の事故そのものを描くよりは、もっと内的なもの、心理的なものを描くほうが大事なんじゃないかという気はしています。日本人が分かれ道にいる大切なときであり、それにふさわしい小説を書かなくてはいけないでしょう」
そして、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文芸春秋)が出来た。過去に心の傷を負い、死ぬことだけを考えながら生きていたことのある主人公が、自分を取り戻すために巡礼の旅に出る物語だ。村上氏はつくるの生き方を通じて、日本人の置かれているいまを表現しているようにも見える。
[PR]
by oomawotomeru | 2013-06-29 11:07 | 原発一般 | Comments(0)

「こんなにあぶない大間原発」開催しました!

初めての「こんなにあぶない大間原発」を開きました。
パザールバザールで2時30分くらいから始めました。

オーナー 92さん
a0292602_08362.jpg


それぞれ、大間原発に関わるきっかけから話し始め、
大間への質問や疑問に答えながら一緒に考えた。
福島原発事故が起きても建設、再稼動を進むことがどうしても分からない、
という質問には答えを見つけられません。
大間原発訴訟の会、代表の竹田とし子さんから、原発に反対する活動をするうちに大間原発の建設計画を知り、止めようとここまできたこと。
裁判の様子や熊谷あさ子さんの思い出、大間原発はとても危険であること等を話した。
野村はPPでグラフや写真を使い、大間原発の危険、放射能の影響、MOX燃料の危険、事故が起きたら放射能汚染はどこまで広がるのか、等を話した。

大間原発がとても危険で、電気は余っているのになぜ作られるのか、
その答えを自分で見つけるには、知ることから始めなくては・・。
知ることは自分で決めることに繋がる。
誰かが作った原発ではなく、私が建てさせたくない原発、に変わることで建設を止めましょう。

店の前の薬草園
a0292602_095419.jpg

[PR]
by oomawotomeru | 2013-06-28 00:11 | 大間原発情報 | Comments(0)

プルトニウム大量使用の大間原発、世界で初めて

MOX大量使用、検証必要=大間原発「世界に例ない」―田中委員長
時事通信社 2013年6月26日 17時33分 (2013年6月27日 00時01分 更新)


 原子力規制委員会の田中俊一委員長は26日の定例記者会見で、ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料のみで運転を予定している電源開発大間原発(建設中、青森県大間町)について「きちっとデータを取って判断すべきだ。一般論として、世界に例がないことは難しい」と述べた。
 田中委員長は、核燃料のうちMOX燃料が3分の1超を占める原発は世界的に例がないと指摘。個人的見解と断った上で、運転申請があった場合は規制委による安全性の検証が必要とした。
 MOX燃料は通常のウラン燃料に比べ、制御棒を挿入した際の中性子吸収率が落ちたり、燃料が溶け出す温度が下がったりするなどの問題点が指摘されている。 
[PR]
by oomawotomeru | 2013-06-27 02:11 | 大間原発情報 | Comments(0)

フルMOXの大間原発は慎重に 田中規制委員長

大間原発は慎重に、と田中さんは言ったが、よくよく見ていかなければ安心できない。
a0292602_283360.jpg

毎日新聞より

大間原発:MOX燃料稼働に慎重姿勢 田中規制委員長
毎日新聞 2013年06月26日 18時32分(最終更新 06月26日 23時27分)


建設中の大間原発
 原子力規制委員会の田中俊一委員長は26日の記者会見で、Jパワー(電源開発)が建設中の大間原発(青森県)について、使用済み核燃料から取り出したプルトニウムをウランと混ぜたMOX燃料を100%使用する世界初の商業炉であることから「今の日本で、世界でやったことがないことをやるのは一般論として難しい」と慎重な姿勢を示した。

 大間原発は、全てMOX燃料を使う「フルMOX原発」。制御棒の利きがウラン燃料に比べて悪いなど、特有の問題点が指摘されている。MOX燃料を使う発電は「プルサーマル」と呼ばれ、日本は使用済み核燃料から取り出すプルトニウムを活用するため2009年に導入した。

 稼働は、規制委の審査を受け、7月施行の新規制基準を満たすことが条件。田中委員長は「個人的な見解」としたうえで「フルMOXは経験がない。もう少しデータを取って(稼働を)判断すべきだ」と通常の原発よりも厳格に安全性を確認する必要があるとの考えを示した。【岡田英】
[PR]
by oomawotomeru | 2013-06-27 02:08 | 大間原発情報 | Comments(0)

放射線教育よりも保養と避難の確約!

今福島と近郊の子どもたちが求めているのは継続的な健康調査と保養。

福島県では県内4小中学校を 放射線教育の推進校に
放射線を学ぶことは悪いことではないが、何を学ぶかが大切である。
放射線が持つ負の部分をきちんと知ることなし、未来は描けない。
文科省の放射線教育は放射線安全教育であり、福島原発事故以降も基本は変わらない。
放射線を正しく恐がることが今こそ必要である。
原発の安全神話がこの国を覆って原発は54基建てられた。
今求められるのは教育よりも、健康調査と避難&保養である。

福島民報より
県内4小中学校を指定 県教委、放射線教育の推進校に
 県教委は25日までに、放射線教育の推進校として県内の小中学校を指定した。同日開かれた6月定例県議会一般質問で佐藤金正議員(自民、伊達市・伊達郡)の質問に杉昭重教育長が答えた。
 東京電力福島第一原発事故後、多くの県民が放射線への不安を抱える中、児童生徒に正しい放射線への知識を身に付けてもらうのが目的。推進校は4校で放射線に関する授業を公開する。授業では、ドライアイスやアルコールなどを使って放射線の動きが目に見えるようにする実験などを行う。
 また、県は放射線教育の充実に向けて8月から、県内の全小中学校の教職員らを対象とした放射線研修会を県内7方部ごとに開く。
 推進校に指定された学校は次の通り。
 ▽小学校=楢原(下郷)桜丘(相馬)
 ▽中学校=醸芳(桑折)郡山四(郡山)

(2013/06/26 11:35)
[PR]
by oomawotomeru | 2013-06-26 23:28 | 福島情報 | Comments(0)

大間原発、規制委の新基準で工事長期化必至

原子力規制委員会の新基準で大間原発工事はどう変わる?
新基準が建設へのアプローチとすると
工事の長期化は地元、電源開発双方にメリットなのかもしれない。
そのように問題を先送りにしていいのだろうか?

必要としない電気のために作られる原発を私達は求めているのか?
行き場所のない放射能のゴミをこれ以上、未来に付け回ししていいのか?
今こそ自分の問題として考えたい。

a0292602_21424079.jpg


震災前に工事が始まった大間原発は、様々な追加工事が必至である。
フィルターつきベント
非常用ディーゼル発電機の設置
津波防ぐ防潮堤
[PR]
by oomawotomeru | 2013-06-26 21:51 | 大間原発情報 | Comments(0)

福島原発港湾にトリチウム 汚染水を海に?

福島第一原発港湾にトリチウム
放射性物質は閉じ込める基本。
特に水の形で存在するトリチウムは海に流れたら回収は不可能。
日本近海を汚染し、世界を汚染する。
汚染と一緒に原発売っていいのですか、と問いたい。

>社会>記事2013年6月24日22時17分
a0292602_9312092.jpg

福島第一原発、港湾のトリチウム倍増 海に汚染水か

福島第一原発でトリチウム濃度の上昇が確認された地点


 【西川迅】東京電力は24日、福島第一原発の港湾内の海水から、原発事故後、最高濃度となる放射性物質のトリチウム(三重水素)が検出されたと発表した。汚染水が土中から海に漏れている可能性があるとみて詳しく調べる。

 東電によると、濃度が上昇したのは1~4号機取水口北側の港湾内。6月21日に採取した海水から、1リットルあたり1100ベクレルが検出された。10日の測定値500ベクレルに比べて倍増していた。

 さらに、井戸に近い1、2号機の取水口付近でも、910ベクレルを検出。前回14日は600ベクレルだった。

 港湾内の、これまでの測定値の最大は2011年10月の920ベクレルで、この1年間は100~200ベクレル程度で推移していた。

 トリチウムは水素の放射性同位体。天然にも存在するが、原子炉の冷却水で生じる。水として存在するため、放射性セシウムなどのように吸着させて除去することが難しい。体内に取り込んだ場合でも、比較的早く体内から排出される。原発運転中には環境中に微量が排出されており、国の基準では、原発施設外の海水中のトリチウムの濃度限度は1リットルあたり6万ベクレルと定められている。
[PR]
by oomawotomeru | 2013-06-25 09:34 | 福島情報 | Comments(1)

「こんなにあぶない大間原発」

6月27日、「こんなにあぶない大間原発」を函館・パザールバザールで開きます。

大間原発訴訟の会・代表の竹田としこさんのお話し、
野村がPPで大間原発が危ない理由を話します。
そのあと、質問を受け、みんなで話しましょう。

午後二時から午後3時30分まで。無料ですが、飲み物等を注文してください。
a0292602_9554640.jpg


大間原発建設が進んでいます。
福島原発事故以降、止まっていた建設工事は昨年10月、再開されました。
大間原発はなぜ建ててはいけないのか、
大間原発ができたら津軽海峡はどうなるの?
大間原発が事故を起こしたら函館は?道南は?
などたくさんの疑問にこたえます。


申し込みはフェイスブックか、パザールバザールまで。

トルコ喫茶 Pazar Bazar
pazarbazar.exblog.jp
[PR]
by oomawotomeru | 2013-06-24 09:57 | 大間原発情報 | Comments(0)

「もんじゅ」またもや点検漏れ、2300件

高速増殖炉「もんじゅ」がまたもや2300件の点検漏れ
先月、2300件の点検漏れで運転準備作業を禁止されている「もんじゅ」で、
新たな点検漏れがみつかった。
さらにこれまで点検すみの中で、2100件の点検がすんでいないものが見つかった。
合計、4400件の不備である。
準備作業禁止命令を受け、「日本原子力研究開発機構」はなんとしても「もんじゅ」は必要と、
おおみえをきったばかり。
これで安全等保たれるわけがない。
a0292602_2211031.jpg


NHKニュースより
もんじゅ 新たに約2300件点検漏れ
6月21日 21時51分


およそ1万件の点検漏れなどで、運転再開に向けた準備作業を行わないよう命令を受けた、福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」で、新たに、およそ2300件の点検漏れなどが見つかったことが分かりました。

福井県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」では、およそ1万の機器で点検漏れなどが見つかり、先月30日に国の原子力規制委員会が日本原子力研究開発機構に対し、保守や管理の体制を改めて構築するまで運転再開に向けた準備作業を行わないよう命じています。
原子力機構は、今月3日から行われていた原子力規制庁による保安検査に合わせて、これまで調べていなかった部署についても点検漏れがないか調べました。
その結果、冷却用のナトリウムが付着した機器を洗浄する設備などで、合わせておよそ2300件の点検漏れなどが見つかったということです。
また、これまで点検済みとしていた機器の中にも、点検が済んでいないものが2100件見つかり、中には制御棒の動きを確認する装置など安全上重要な機器が含まれているということです。
国の原子力規制庁は、これらの一部が保安規定違反に当たるとみて、詳しい調査を進めることにしています。
「もんじゅ」の弟子丸剛英所長代理は、「未点検の機器が増えたことで、さらに信頼を落とすような事態になり大変申し訳ない」と話しています。
[PR]
by oomawotomeru | 2013-06-22 22:02 | 原発一般 | Comments(0)


大間原発を止めるための情報交換


by oomawotomeru

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

海上自衛隊、アメリカ空母と共..
at 2017-04-13 00:46
海上自衛隊、アメリカ空母と共..
at 2017-04-13 00:46
国際女性デーに思う「女の子」..
at 2017-03-09 00:34
国際女性デーに思う「女の子」..
at 2017-03-09 00:34
国際女性デーに思う「女の子」..
at 2017-03-09 00:34

検索

「小出裕章さんのおはなし」

2012年4月「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」をクレヨンハウスから出版しました。2011年3月変わってしまった世界を生きる子どもたちへ、この本を読んでよりよい未来を生きて欲しいとの願いをこめて書きました。
「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」著者:野村保子 監修:小出裕章

http://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%A5%E3%81%91%E3%82%8B%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97-%E9%87%8E%E6%9D%91%E4%BF%9D%E5%AD%90/dp/486101218X

フォロー中のブログ

dezire_photo...
しゅわそら

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

外部リンク

最新のコメント

「そもそも国政は国民の厳..
by けい at 12:48
まったく仰る通りです。 ..
by 萩谷良 at 08:50
保子さん、昨日はありがと..
by Q at 23:33
気づいた人がいる。こう素..
by みかん at 16:38
http://mb2.j..
by 凡人 at 22:09
最近ネットにて、大間原発..
by 凡人 at 07:07
こういった訴えを聞けない..
by 脱福者 at 13:17
ところで、川内原発の問題..
by 凡人 at 22:25
尚、再処理工場がどれほど..
by 凡人 at 20:45
http://mb2.j..
by 凡人 at 20:07

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
福島原発の今を訪ねて~P..
from ゆさをぢさんの「されがまね話」

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
大間原発情報
原発一般
福島情報
社会

大間FAX通信

映画
沖縄
たべもの
函館市裁判情報

世界
憲法
暮らし
未分類

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

時事・ニュース