<   2014年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

原発を止める可能性は「自治体裁判」で!

大間原発差し止め提訴へ 函館市議会が議案可決を日経新聞が掲載
函館市が国と電源開発を相手に建設中止や原子炉設置許可の取り消しを求める裁判を起こすことを、議会が承認。
全国初の自治体反原発訴訟である。

原発を止める方法としての「地自体選挙」の可能性は未知数である。
全国の原発を抱える地自体、原発立地近隣の自治体は原発を止めるために函館に続いてほしい。
 
a0292602_7202081.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

電源開発(Jパワー)が青森県大間町に建設中の大間原発をめぐり、北海道函館市議会は26日、市が国やJパワーを相手に建設中止や原子炉設置許可の取り消しを求め提訴する議案を全会一致で可決した。市は4月3日にも東京地裁で提訴に踏み切る。自治体が国に原発差し止め訴訟を起こす初めてのケースになる。

 市は津軽海峡を挟んで大間原発と最短で約23キロにある。閉会後、工藤寿樹市長は「事故が起きれば主要産業である水産業、観光業が壊滅的打撃を受けるだけでなく、自治体が崩壊してしまう。裁判では周辺自治体がないがしろになっていることを訴えたい」と述べた。

 この日の議会では、当面の訴訟費用約390万円を含む2014年度予算案も可決された。市は27日から訴訟費用に充てる寄付金を全国から募る。

 議決に先立って、北海道電力労働組合出身の議員ら2人は退席した。

[日経新聞3月26日夕刊P.17]
[PR]
by oomawotomeru | 2014-03-30 07:20 | 函館市裁判情報 | Comments(0)

朝日新聞、函館市大間原発提訴についての記事

a0292602_1874287.jpg


朝日新聞、函館市の大間原発差し止め訴訟、議会可決についての記事
全会一致で提訴を可決したが、2人の議員が退席した。
一人は北海道電力出身議員ともう一人は市民クラブ

朝日新聞は全会一致で決議できたことに対して、市側が大間原発に焦点をしぼったこと
30キロ圏内でありながら同意を説明もなく原発を立てることへの異議申し立てであること、
などをふまえ議員の賛成を得やすくした点等を主張

函館市の訴訟資金の寄付の要望
市議会下記はの声等を掲載している

大間差し止め 提訴可決 函館市議会
2014年3月27日09時30分

提訴議案の採決前、2人が議場から退席(写真奥)した=函館市
■2人退席 全会一致

 函館市議会(定数30)は26日、開会中の2月定例市議会で、国とJパワー(電源開発)を相手取って大間原発(青森県大間町)の建設差し止めを求める訴訟を起こす議案を可決した。

   ◇

 工藤寿樹市長が来月3日、東京地裁を訪れて提訴する。自治体が原告になって原発差し止めを求める全国初の訴訟になる。

 可決は全会一致で、採決前にいずれも市民クラブの小野沢猛史議員と北電出身の井田範行議員の2人が退席した。工藤市長は本会議の最後に「多くの議員がこの街を思い、市民を思う強い気持ちで(提訴に賛成を)決断された勇気と行動に心から敬意を表します」と礼を述べた。市議会終了後には「ぜひ大間原発の建設凍結を勝ち取りたいという決意だ」と記者団に語った。

 函館市は、東京電力福島第一原発の事故で、原発は事故を起こさないという「安全神話」は過去のものになったと主張。大間原発の具体的な危険性として、(1)近海などに巨大な活断層がある可能性が高いのに、耐震設計上考慮されていない(2)テロ対策が不十分(3)過酷事故対策の効果は限定的、などを挙げている。

 大間原発が立地する青森県大間町の金沢満春町長は「他の自治体、議会の決定にコメントはしない」としたうえで、「大間町は今まで通り『推進』という立場で地域一丸で頑張っていきたい」と語った。

   ◇

■焦点絞り込み 賛成得やすく

 採決の結果は、2人の退席者を除いて全会一致だった。賛成者の中には、原発再稼働を急ぐ安倍政権を支える立場にある自民党の党員もいる。「議員の皆さまにおかれても、大きな悩みがあったものと拝察します」。工藤寿樹市長は提訴の議案が可決された後、議場であいさつした。

 2011年7月の意見書、12年9月の決議。大間原発の建設凍結を求め、市議会はこれまでも全会一致で動いてきた。ただこれらはいずれも、民主党政権下の話。ある保守系市議は「民主党政権下だと反対と言いやすかった」と心中を明かす。

 差し止め訴訟という、より高いハードルにも市議会がほぼ一枚岩での対応を維持できたのは、市側が焦点を原発自体の是非ではなく大間原発の問題に絞ったことも大きかった。

 工藤市長は脱原発を訴える小泉純一郎元首相を「全面的に支持する」と発言する一方で、「多くの人の理解を結集すべき」として、脱原発や反原発まで議論を広げなかった。大間原発という個別の問題への対応に焦点を絞り、30キロ圏内の周辺自治体に同意権がないことの問題を強調した。保守系市議の間には「『大間原発への反対であって、政府の原発稼働方針に反対するものでない』と言いやすい一面もある」との声もある。

 来春に市議選が迫っていることも支持者や有権者を意識した各議員の「大間差し止め賛成」を後押ししているようだ。ある議員はこう話す。「いま、大間原発賛成なんて言える人はいない。そんなこと言ったら、そっぽ向かれて選挙で落ちるでしょう」

(磯崎こず恵)

   ◇

■寄付金受け付け 函館市

 函館市は27日から大間原発差し止め訴訟に対する寄付金の受け付けを始める。寄付は口座振り込みのほか、現金持参や現金書留でも受け付ける。

 問い合わせは市総務部総務課、大間原発訴訟寄付担当(0138・21・3646)へ。

   ◇

【函館市議会、各会派の声】

●市政クラブ「国とは反対の行動になるが、自治体の安全や安心を考えて賛成した」(浜野幸子会長)

●民主・市民ネット「道南全体が危険な大間原発を止めて欲しいという思い。政府に訴えてきたが聞き入れられず、訴訟に訴えるしかないと判断した」(福島恭二会長)

●公明党「裁判を起こすことで、地域一丸となって街を守る取り組みをする意味は大きいし、司法の場で函館市の主張をすることは有意義だ」(茂木修団長)

●日本共産党「勇気ある行動だと評価している。国を相手に自治体が訴訟を起こすのは非常に重いものだと思う」(市戸ゆたか団長)

●市民クラブ(所属する4人のうち2人が退席)「今回の採決は個人が責任を持って行動した。私は大間原発建設には反対だが、国とは協力して事業を進めていかなくてはならず、訴訟に踏み込めば関係がぎくしゃくする恐れがある。凍結の要望を続けたほうが良いと思う」(小野沢猛史会長)
[PR]
by oomawotomeru | 2014-03-29 18:08 | 大間原発情報 | Comments(0)

函館市、大間原発裁判に、管官房長官が提訴後に立場表明

函館市の大間原発裁判提訴を決断を受けて、管長官が提訴の立場表明を
全国初の地方自治体による原発反対の裁判に対してクニの出方が注目される

クニが一番恐れるのは、この動きが全国に広がること
新規立地も、原発再稼動も、実は立地自治体の同意があって初めて出来ることである
なし崩しに、うやむやに同意を取り付け、
ごり押しの建設同意を進めてきたのがこれ迄の原発政策である

しかし、法治国家である日本に置いて、公の場で、多くの自治体がノーの声をあげれば
無視できるかどうか微妙なところ

全国の原発立地自治体、あるいは近隣自治体の首長・
a0292602_964991.jpg
議員に本当に原発必要かどうか、
聞いてください。
その結果は次の選挙で現します、と。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「提訴時に立場、表明したい」 大間原発差し止めで菅長官
2014.3.26 13:41
 菅義偉官房長官は26日の記者会見で、北海道函館市が国や電源開発を相手に大間原発(青森県大間町)の建設中止などを求めて提訴する議案を同市議会が全会一致で可決したことに関し「実際に提訴された段階で政府の立場を表明したい」と強調した。

 市は4月3日にも東京地裁で提訴に踏み切る。
[PR]
by oomawotomeru | 2014-03-27 09:06 | 大間原発情報 | Comments(0)

函館市議会、大間原発建設差し止め訴訟へGO

函館市議会は大間原発建設差止め訴訟の提案を、全会一致で可決。
日本で初めての地方自治体が反原発裁判を起こします。
全国の原発立地自治体はこれに続いてほしい。
工藤市長、応援しています。

市役所前でデモしました。
a0292602_2152131.jpg


大間原発の建設差し止め議案可決 函館市議会、提訴条件満たす(03/26 11:00、03/26 14:41 更新)
 【函館】電源開発(東京)が青森県大間町に建設中の大間原発をめぐり、函館市議会は26日、国と同社に建設の差し止めなどを求める訴訟の可否を問う議案を全会一致で可決した。市は4月3日に東京地裁に提訴する方針で、自治体が国に原発差し止め訴訟を起こす初のケースとなる。

 議決の際、市議30人のうち2人が「訴訟という手段はなじまない」などとして退席した。このうち1人は北電労組出身の議員。

 訴訟費用391万円を計上した2014年度一般会計補正予算案も可決した。工藤寿樹市長は定例市議会閉会のあいさつの中で、「多くの議員がまちを思い、市民を思う強い気持ちで決断された勇気と行動に敬意を表する」と述べた。

 自治体による提訴には地方自治法で議会の出席議員の過半数の賛成による議決が必要で、この日の可決で提訴への条件を満たした。

 函館市は津軽海峡を挟み大間原発と最短で23キロにあり、工藤市長は「事故が起きれば主要産業の水産業、観光業が壊滅的打撃を受ける」とし、原発建設の同意手続きを立地自治体と同様に踏むべきだと訴えていた。

 市の訴状要旨では、大間原発の設置許可申請時に用いられた安全設計審査指針や、原子力規制委員会が策定した新規制基準では「安全性は確保されない」と主張。原発周辺に活断層がある可能性やテロ対策の不備も指摘している。電源開発は6日の大間町議会で、完成後の稼働に向け、規制基準を満たすかどうかの審査を今秋にも原子力規制委に申請すると表明している。
[PR]
by oomawotomeru | 2014-03-26 21:53 | 大間原発情報 | Comments(0)

函館市長、大間原発建設差止め訴訟について語る

函館市・工藤市長大間原発建設差止め訴訟について語る


大間のマグロ丼
a0292602_9313028.jpg


http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/soumu/ohmagenpatsu/
[PR]
by oomawotomeru | 2014-03-26 09:31 | 大間原発情報 | Comments(0)

大間原発差止めへ、函館市長に聞く、朝日新聞

朝日新聞・函館市長インタビュー

「函館を帰れない街にするのか?」
函館市長は危険な原発を建てるクニや電源開発が、自ら避難計画を立てるべきなのに、
23キロの近さにありながら同意を求めることも、説明会を開くこともない街に
避難計画を立てさせるのは間違っている。
必要であれば計画するクニや建設主体が避難計画を立てるのは本筋という。

まさにそのとおり。
原発立地自治体の他の首長、避難計画なしに原発立てたら逃げようがない。

a0292602_22484821.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大間原発差し止め提訴の思い 函館市長に聞く
磯崎こず恵、泉賢司2014年3月25日03時00分

大間原発差し止め訴訟について語る工藤寿樹・函館市長=函館市役所
 大間原発(青森県大間町)の建設差し止めを求めて4月3日に提訴する函館市の工藤寿樹市長が、朝日新聞のインタビューに答えた。「危険施設である原発の避難計画は事業者か国が作るべきだ」と指摘、実効性のある避難計画なしに原発建設を進めると「第二の安全神話」に陥ってしまう、と語った。

 ――差し止め訴訟に至るまでの経緯は。

 福島第一原発の事故前は、原発は安全という「安全神話」ができあがっていたから、大丈夫なんだろうと信じていた。原発に深い関心はなかった。

 ちょうど市長選(2011年4月)に向けて準備をしている時に東日本大震災が起きた。後援会の会合の合間に自宅に戻ったとき、原発の水素爆発の様子をニュースで見た。すさまじいと思った。安全神話はでたらめだったんだ、と思い、反省した。

 そういえば、うち(の近く)には大間原発がある。その後、市民団体から市長選の候補者あてに大間原発についてのアンケートがきた。そのときに初めて、凍結しかないと判断した。

 ――国などへ建設凍結を要望してきた。

 (当選2カ月後の)11年6月に副知事と上京して(当時与党の)民主党や経産省、(事業者の)電源開発に大間原発の安全確保の取り組みを説明してほしいと、我々の意見を聞いてほしいと要望したが、手応えがなかった。それで函館に戻ってから、自治体が訴訟を起こせるかの検討を内々で指示した。

 12年9月15日に当時の枝野経産相が大間原発の建設継続を認めた。その半月後に電源開発の常務が函館にきて「工事を再開する」と言う。これは訴訟しかないと思った。

 ――大間原発の何が問題だと考えるか。

 「脱原発」とか「反原発」ということではない。函館市長としては脱原発とか推進とか打ち出すことはありえない。市民の中にもいろいろな意見はある。

 何がだめかというと、進め方が全然だめだ。(周辺自治体の住民に)説明会も開かず、理解を得ることもしないでただ強行して造っている。民主主義国家で、住民を無視してやるなんてあり得ない。理解を得るための手間ひまを惜しんだらおしまいだ。

 原発事故に伴う防災対策の重点区域が原発から半径30キロ圏内まで拡大され、大間原発から最短で約23キロの函館市も原子力防災計画と避難計画の策定が義務づけられた。我々は(建設に)同意もしてないし、説明会も開いてもらえないのに、なぜそんなものが義務づけられるのか。理不尽だ。危険を負担させるのであれば、30キロ圏内の自治体にも同意権を認めるべきだ。

 ――これまで「原発事故時の避難計画はつくれない」と言っているが、なぜか。

 大間原発から半径50キロ圏内の北海道側には函館を中心に37万人がいるが、実際に事故が起きると(避難ルートが限られ)逃げられない。もし事故があったら、車を持っている人は家族を連れて出来るだけ遠くに逃げようとするだろう。道路が大渋滞して大混乱になる。(車が)動いたとしても、何万人もいる高齢者や障害者をどうやって避難させるのか。バスや介護要員を用意できるのか。人口30万人を超えると、机上で計画をつくってもまったく実効性のないものになる。

 そもそも危険なものを造る時に、避難計画や防災計画をつくるのは、本来事業者の責任であるべきだ。もしくは建設を認めた国の責任だろう。周辺に住んでいる人たちが安全に避難できることが確認できないのに建設したら、また「安全神話」になってしまう。

 ――自治体として初の原発建設差し止めを提訴する意義は。

 何かを狙って提訴するわけではない。街を守る、市民の命を守るのが首長としての使命。それを果たそうと思って何度も要請に行ったが、まったく無視された。事故が起きたら逃げられもしない建設計画を漫然とやっている。再稼働を申請している原発の周辺自治体では、函館と同じ立場のところもあって、首長も議会も悩んでいる。そういう人たちがどう行動するか、注視はしている。

 ――提訴にむけて、今の思いは。

 提訴への決意も覚悟もだいぶ前から固めている。住民を無視して原発を建設する、こんなやり方でOKだというなら市長を辞めるしかない。福島第一原発周辺の自治体は、いまも多くの住民が帰れない。函館を帰れない街にするのかと。そんなことはさせられない。(磯崎こず恵、泉賢司)
[PR]
by oomawotomeru | 2014-03-25 22:49 | 大間原発情報 | Comments(0)

佐賀新聞も函館市長、大間原発提訴を掲載

九州、佐賀新聞が北海道函館市の大間原発建設差止め訴訟について報道
九州から函館の大間原発訴訟について新聞報道
全国初の地方自治体の原発裁判は後に続く自治体を待っている

地方自治体にとって原発事故は命取り
「地域おこし」も「ゆるキャラ」も原発が事故を起こしたら一瞬で壊れる
観光業は人の波がひき、地域名産は売れない。

地方と原発は共存できない
都会で使う電気のために、やっとの思いで発信する地域おこしはずべて御破算

都会のために電気作るのはもう止めましょう!

a0292602_1341643.jpg


原発訴訟で函館市長「住民無視」 / 大間の建設差し止め
 電源開発(Jパワー)や国に大間原発の建設差し止めなどを求める訴訟を自治体として起こす北海道函館市の工藤寿樹市長が共同通信のインタビューで「事故が起きれば近隣自治体も合わせて約35万人が避難しきれなくなる。住民無視、人命軽視だ」と述べた。
 Jパワーは大間原発が規制基準を満たすかどうかの審査を今秋にも原子力規制委員会に申請することを表明。一方、函館側では提訴の可否を問う議案などが市議会最終日の26日に議決される見通しで、市は4月3日、東京地裁に提訴する方針。
 工藤市長は福島原発事故に触れ、「安全神話にだまされ、うのみにしていた責任を感じる」と話した。
2014年03月23日 18時17分
[PR]
by oomawotomeru | 2014-03-25 01:34 | 大間原発情報 | Comments(0)

函館市長、大間原発提訴にむけて

函館市長、全国初めて地自体訴訟
全国の原発立地点の首長はこれにつづきましょう!

a0292602_1259428.jpg

函館市:大間原発差し止め提訴へ 市長「泣き寝入りせず」
毎日新聞 2014年03月23日 09時25分(最終更新 03月23日 09時59分)

 大間原発(青森県大間町)の建設差し止めを求め、北海道函館市は来月3日、国と事業者のJパワー(電源開発)を相手取り東京地裁に提訴する。自治体が原告となって原発の差し止め訴訟をするのは初めてだ。工藤寿樹(としき)市長(64)は毎日新聞のインタビューに応じ、「福島で事故を起こしたわれわれの世代が、これ以上原発を増やすべきでない」と訴訟の理由を説明する。【聞き手・鈴木勝一】

 −−なぜ訴訟を起こすと決断したのか。

 ◆政府が建設再開を容認したことに対し、函館市議会は無期限凍結を求める決議を全会一致で可決した。当時は原発の新規制基準もできておらず、福島第1原発の事故を防げなかった、いいかげんな旧基準に基づいた建設再開だった。だが、国とJパワーからは何の説明もない。裁判以外にできることは全部やってきた。このまま泣き寝入りするなら、市長を辞めるしかない。

 −−大間原発の何が問題なのか。

 ◆福島第1原発事故を受けて、原発から30キロ圏内(緊急防護措置区域=UPZ)の自治体は原子力防災計画や避難計画の策定が義務づけられることになった。函館は津軽海峡を挟んで30キロ圏にかかるので避難計画を考えなくてはならないが、建設再開の同意はない。どう考えてもおかしい。例えば産廃処理場を造る場合は、安全対策をして周辺の同意を得るのが事業者の責任ではないか。しかも大間は「フルMOX」の原発だ。水蒸気爆発やメルトダウンなどの過酷事故が起きると、被害の深刻さは福島の比ではないだろう。

 −−訴訟では、自治体が原告になる資格(原告適格)があるかどうかが最初の焦点になるのではないか。

 ◆事故が起きれば、自治体にも人間と同様に重大な被害を受ける。提訴する資格はある。

 −−勝算は。

 ◆訴訟への理解を広げ、世論の賛同を得て勝訴したい。道内の他の自治体が「原告に加わりたい」と言ってきたが、勝つためには30キロ圏にかかる函館市だけで提訴した方がいいと判断した。

 −−訴訟を通して知ってほしいことは。

 ◆国内の原発はすべて停止しているのに、大間だけ建設が始まっているのは絶対におかしい。少なくとも建設を中断したまま、原子力規制委員会の審査を待つべきだ。米国は1979年のスリーマイル島原発事故から30年以上原発新設をしなかった。大間もそれくらいの年数は建設を凍結すべきだ。

 大間原発 

 本州最北端の青森県大間町でJパワーが建設している改良型沸騰水型軽水炉。発電出力約138万キロワット。使用済み核燃料から取り出したプルトニウムをウランと混ぜたMOX燃料を100%使用する世界初の商業炉となる。福島第1原発事故後に建設を中止していたが、2012年9月、当時の民主党政権が大間を新増設とみなさず、建設再開を容認する考えを表明。同10月1日に建設工事を再開した。函館市との距離は23キロ。半径50キロ圏内の人口は青森側約9万人、北海道側約37万人。

インタビューに応じる北海道函館市の工藤寿樹市長=同市役所で2014年3月12日、鈴木勝一撮影
[PR]
by oomawotomeru | 2014-03-24 13:01 | 大間原発情報 | Comments(0)

函館市長、福島原発事故に触れ、安全神話にだまされていた責任感じると

函館市長が、共同通信のインタビューに応えて、人命軽視の大間原発建設中止を求めると表明
函館市に続いて全国の地方自治体が、原発はんたいの裁判を越したら、原発は止まります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


原発訴訟で函館市長「住民無視」 大間の建設差し止め

電源開発(Jパワー)や国に大間原発の建設差し止めなどを求める訴訟を自治体として起こす北海道函館市の工藤寿樹市長が共同通信のインタビューで「事故が起きれば近隣自治体も合わせて約35万人が避難しきれなくなる。住民無視、人命軽視だ」と述べた。

Jパワーは大間原発が規制基準を満たすかどうかの審査を今秋にも原子力規制委員会に申請することを表明。一方、函館側では提訴の可否を問う議案などが市議会最終日の26日に議決される見通しで、市は4月3日、東京地裁に提訴する方針。

工藤市長は福島原発事故に触れ、「安全神話にだまされ、うのみにしていた責任を感じる」と話した。

(2014年3月23日)
[PR]
by oomawotomeru | 2014-03-23 21:42 | 大間原発情報 | Comments(0)

函館市議会、大間原発提訴議案を可決 26日本会議で採決予定

函館市議会予算委 大間原発提訴議案を可決 26日に本会議で採決
update 2014/3/21 09:58

a0292602_074856.jpg


 函館市議会の予算特別委員会(金沢浩幸委員長)は20日、大間原発(青森県大間町)の差し止め訴訟提起議案など、付託された議案64件を原案通り可決し、審査を終了した。大間関連議案は26日の第1回定例会最終日で、退席者を除いて全会一致で可決する見通し。市は可決後の4月3日に東京地裁に提訴する。

 可決されたのは、国と事業者の電源開発(東京)を相手取り、同原発の建設差し止めと原子炉設置許可の無効確認を求める裁判の提起のほか、新年度補正予算で弁護士への日当など訴訟費用391万円を計上する2件。採決では市民クラブの井田範行氏が退席し、4会派(市政クラブ、民主・市民ネット、公明党、共産党)が賛成して可決した。

 井田氏は取材に対し、退席の理由として「大間原発に市民の多くが不安を抱いていることは承知しているが、エネルギー問題は国策の部分が多い。国がしっかりと対応していくべき」と述べた。同会派は26日の最終日も、2人が退席する予定としている。

 このほかの議案では、新年度一般会計予算は補正分を加えた総額が1369億8710万円となった。また、新年度の職員給与削減幅を本年度比2%減の平均4・5%とする条例の一部改正や、定住自立圏形成に向けて市と道南17市町が個別に結ぶ協定などが可決された。
[PR]
by oomawotomeru | 2014-03-22 00:09 | 大間原発情報 | Comments(0)


大間原発を止めるための情報交換


by oomawotomeru

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

海上自衛隊、アメリカ空母と共..
at 2017-04-13 00:46
海上自衛隊、アメリカ空母と共..
at 2017-04-13 00:46
国際女性デーに思う「女の子」..
at 2017-03-09 00:34
国際女性デーに思う「女の子」..
at 2017-03-09 00:34
国際女性デーに思う「女の子」..
at 2017-03-09 00:34

検索

「小出裕章さんのおはなし」

2012年4月「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」をクレヨンハウスから出版しました。2011年3月変わってしまった世界を生きる子どもたちへ、この本を読んでよりよい未来を生きて欲しいとの願いをこめて書きました。
「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」著者:野村保子 監修:小出裕章

http://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%A5%E3%81%91%E3%82%8B%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97-%E9%87%8E%E6%9D%91%E4%BF%9D%E5%AD%90/dp/486101218X

フォロー中のブログ

dezire_photo...
しゅわそら

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

外部リンク

最新のコメント

「そもそも国政は国民の厳..
by けい at 12:48
まったく仰る通りです。 ..
by 萩谷良 at 08:50
保子さん、昨日はありがと..
by Q at 23:33
気づいた人がいる。こう素..
by みかん at 16:38
http://mb2.j..
by 凡人 at 22:09
最近ネットにて、大間原発..
by 凡人 at 07:07
こういった訴えを聞けない..
by 脱福者 at 13:17
ところで、川内原発の問題..
by 凡人 at 22:25
尚、再処理工場がどれほど..
by 凡人 at 20:45
http://mb2.j..
by 凡人 at 20:07

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
福島原発の今を訪ねて~P..
from ゆさをぢさんの「されがまね話」

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
大間原発情報
原発一般
福島情報
社会

大間FAX通信

映画
沖縄
たべもの
函館市裁判情報

世界
憲法
暮らし
未分類

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

時事・ニュース