<   2014年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

北海道新聞 社説で規制委員会の人事田中知氏を白紙に

北海道新聞の社説が素晴らしい!
原子力規制委員会の人事について、撤回ありとの見解を示す
地震の専門家、島崎委員の後任に、原子力学会の元会長、田中知氏を委員会では推薦
政府とこれを承認した。
しかし、社説では規制委の選任基準を逸脱し、
原子力関係団体からの報酬や寄付を受けている経緯を問題としている。
当たり前である。
原発の再稼動を厳正に審査するのに、関係団体かお金をもらっているのでは資格がない。
この国はいつから普通の感覚が通らない国になったのか。

福井地裁が原発の稼動を決定することについて、
原発の経済よりも国民が地域に暮らしそこで安心して暮らすことが本当の国の富であると断じた。
人には人格権があるとも言った。

北海道新聞の社説に拍手を送りたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★北海道新聞社説 : 規制委人事案 撤回も視野に再検討を http://ow.ly/xteJt
 
原発再稼働にひた走る安倍晋三政権の露骨な人事介入と言わざるを得ない。
 政府は、原子力規制委員会の島崎邦彦委員長代理と大島賢三委員が9月の任期満了時に退き、その後任に田中知(さとる)・東大大学院教授と石渡(いしわたり)明・東北大教授を充てる人事案を提示した。
 田中氏は日本原子力学会の元会長で、「原子力ムラ」の中心にいた人物とされる。電力会社の関連団体から報酬を受けていることが判明するなど、適格性を欠くとの厳しい指摘がでている。
 委員は、原発推進とは明確に一線を画し、政府から独立して審査に当たるのが責務だ。田中氏の人選には重大な疑義が残る。
 人事案がすんなりと同意されるなら、規制委の中立性が損なわれる。国会は、人事撤回も視野に入れ、田中氏の適否を徹底的に審議すべきだ。
 規制委は現在、北海道電力泊原発など全国11原発の再稼働に向けた安全審査を進めている。東京電力福島第1原発事故の反省に基づき、科学、技術の見地から厳格な審査に徹することが使命だ。
 今回の人事では、地震の想定で厳しい立場を貫いてきた島崎氏の去就が注目された。再稼働を強く求める経済界や自民党議員から批判の声が上がっていたからだ。
 こうした事情が退任の背景にあるなら、国民の納得など得られまい。地震の専門家である島崎氏が退くことで、審査姿勢が甘くなることへの懸念も拭えない。
 規制委のメンバーに地震の専門家が不在となることも、審査のバランスを欠くことにならないか。
 問題視される田中氏の経歴をさらに詳しくみてみよう。
 田中氏は、原子力業界団体の理事を歴任し、2011年度には東電の関連団体から50万円以上の報酬を受け取っていた。
 民主党政権時代に定めた規制委の人選基準によると、就任前の直近3年間に原子力関連団体から報酬を得た人物は除外すると規定している。田中氏はこの基準に抵触する恐れがある。
 ルールをないがしろにしてまで田中氏を起用する政府の狙いはどこにあるのか。審査を骨抜きにして原発再稼働に道を開く意図があるなら、到底容認できない。
 原子力規制に対する国民の信頼と期待を裏切らないためにも、政府は田中氏を選んだ理由について説明責任を果たさねばならない。
 国会で議論を重ね、疑念が拭えないなら白紙に戻すべきだ。
[PR]
by oomawotomeru | 2014-05-31 23:20 | 大間原発情報 | Comments(0)

6月のバイバイウオークは 15日


6月のバイバイウオークは6月15日です。

a0292602_2373420.jpg


2014年6月15日(日曜) 会場 函館市役所正面前
午後1:30 集会開始 開始
    1:55 分 日銀横に移動
マグロ旗も登場します。一緒に歩きましょう!!
集会
ウォーク 午後2:05出発

   日銀→ グリーンベルト→駅前→朝市→市役所
音楽にのってにぎやかにウォークしましょう♪
バイバイ大間原発はこだてウォーク
連絡先 080-5590-4117 (高橋)
[PR]
by oomawotomeru | 2014-05-31 23:07 | 大間原発情報 | Comments(0)

大沼の畑で野菜を植える+ごはん

大沼の畑でアマランサスと大豆と人参植えた

レタスにネギも大きくなって土の力とお日様の力に敬服!

a0292602_1939333.jpg


a0292602_18515395.jpg


働いた後のご飯はおいしい!

a0292602_19413248.jpg


今日はデザートまで・・

a0292602_1944717.jpg



気持ちのいい1日だった・・。
[PR]
by oomawotomeru | 2014-05-30 20:02 | たべもの | Comments(0)

コープさっぽろ、函館市の大間裁判支援を表明

コープさっぽろが、函館市の大間原発建設差止め裁判の支援を表明

いつもお買い物している「せいきょう」が大間原発裁判を支援してくれるなんて!!
買い物はせいきょうで・・。

大間のマグロやイカ、
北海道の野菜や食品も
原発はいらない!!

大間のマグロ!!

a0292602_155338.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コープさっぽろ、函館市の大間訴訟を支援 理事長が意向(05/29 09:14)
 コープさっぽろ(札幌)の大見英明理事長は28日、函館市内で北海道新聞の取材に答え、同市が国などを相手に起こした電源開発大間原発(青森県大間町)の建設差し止め訴訟を支援する意向を明らかにした。

 大見理事長は「店舗などで組合員に募金を呼び掛け、訴訟費用に充ててもらうのも一案」と具体例を挙げた上で「生協としてどんな協力ができるのか、市の要望を聞いてみたい」と述べた。支援方法について、近く函館地区本部を通じて市側と話し合いたい考えだ。

 コープさっぽろは2012年の総代会で「脱原発」を求め決議。脚本家の倉本聰さんらが呼び掛ける「脱原発『全道100万人』署名」では組合員約30万人が署名したという。大見理事長は同日、函館市民会館での函館地区総代会でも「大間の建設を止めることには意味がある」と訴訟を支援する考えを組合員に説明した。

 コープさっぽろの3月末現在の組合員数は149万人で世帯加入率(全世帯に対する組合員数の割合)は55・4%、うち函館市内は9万360人で同63・4%。
[PR]
by oomawotomeru | 2014-05-30 01:07 | 大間原発情報 | Comments(0)

六ヶ所再処理工場に溜まり続ける核のゴミ 

函館市から南東に100キロの六ヶ所の再処理工場はある。
日本国内の原発から取り出す予定のプルトニウム、
そのプルトニウムとウランを混ぜたノックス燃料(混合酸化物燃料)が大間の燃料になる

2兆2千億円というとほうもない税金をつぎ込んで今だ正式稼動していない。
郭のゴミをガラスに混ぜるガラス固化体作りに失敗、
放射能が強すぎて遠隔操作するレンガの炉のなかでかき混ぜる棒が壊れる。
レンガは剥離するなど、稚拙な失敗続き・・。

危険なおもちゃを前に高額な給料を受け取りながら
失敗の責任も取らずに研究という名の遊びを続ける科学者
施設内には1300キロメーターのトンネルや配管が蠢いている
a0292602_0253066.jpg


放射能数値が高すぎ隔離された空間での作業が不可欠なためである
新幹線東京ー札幌間よりも長いという

お金と時間をつかい危ない遊びはもうやめて欲しい!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

核のごみ居座る六ケ所村 再処理工場未完成、プール満杯 核燃サイクル施設(05/25 10:47、05/25 11:08 更新)(
上)再処理工場の中央制御室。ほとんどの工程が遠隔操作で行われる
(下)ガラス越しに見た、核のごみの一時貯蔵施設。直径約50センチのオレンジ色のフタの下に縦に並べる形で9本ずつガラス固化体が保管されている=いずれも22日、青森県六ケ所村
(上)再処理工場の中央制御室。ほとんどの工程が遠隔操作で行われる(下)ガラス越しに見た、核のごみの一時貯蔵施設。直径約50センチのオレンジ色のフタの下に縦に並べる形で9本ずつガラス固化体が保管されている=いずれも22日、青森県六ケ所村


 原発の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す再処理工場や「核のごみ」高レベル放射性廃棄物の一時的な貯蔵庫…。今月、青森県六ケ所村の日本原燃の「核燃料サイクル」施設群に取材で入った。国は4月、再処理を推進し、核のごみ処分で国が前面に立つと明記したエネルギー基本計画を決めた。しかし再処理工場は完成が20回も延期されて今も動かず、核のごみの最終処分地も見つからない。国策のサイクルがいっこうに回らない中で、使用済み燃料や核のごみは六ケ所村にたまる一方だ。

 函館市の南東約100キロ。原野の中に高さ150メートルの排気筒がそびえ、窓のない無機質な建物が並ぶ。敷地面積は札幌・モエレ沼公園の4倍、740ヘクタールある。

 「許可した場所以外はカメラを向けないでください」。案内する担当者が念を押す。核兵器の原料にもなるプルトニウムを扱うだけにほとんどの施設が撮影禁止で見学も不可だ。監視カメラが至るところにある。

 ■まるで軍事要塞

 中核施設の再処理工場について説明を受ける。当初は1997年完成予定だった。現在の予定は今年の10月。建設費は当初の3倍の2兆2千億円に膨らんだ。

 むき出しにした使用済み燃料の切断や溶融など作業工程の大半は遠隔操作で行う。搬送は地下のトンネルを使う。南北約1キロ、東西800メートルの敷地の地下に北海道新幹線札幌―東京間より長い総延長1300キロのトンネルや配管が張り巡らされているという。まるで巨大な軍事要塞(ようさい)のようだ。

 2006年に実物の使用済み燃料を使う試運転を始めた。今年1月には原子力規制委員会に稼働に向けた審査を申請。日本原燃の赤坂猛理事(60)は「技術的には完成している」と強調するが、規制委の審査をクリアできるかは不透明だ。

 ■眠る「使用済み」

 核燃サイクルの行き詰まりを象徴するのが、再処理工場に隣接する使用済み燃料プールだ。横27メートル、縦11メートル、深さ12メートルのプールが三つ。北海道電力泊原発(後志管内泊村)のプールの3倍の3千トン、国内最大の貯蔵容量を誇るが既にその98%が埋まっている。

 使用済み燃料は99年から受け入れ始めた。再処理工場が動かないのでプールから取り出せない。使用済み燃料は各地の原発のプールで1年、再処理工場のプールで3年の計4年冷却し再処理する予定だったが、今は「平均して13年ぐらい寝ている」(赤坂理事)。

 ■最終地決まらず

 海外で再処理され返還された核のごみも六ケ所村に集まる。放射能の強い廃液をガラスと混ぜ固めたガラス固化体1442本が一時貯蔵庫で保管され、このほか132本を受け入れ済みだ。国は、核のごみを「青森県以外の場所」(資源エネルギー庁幹部)で地下300メートルより深くに埋める方針だ。処分技術の研究は宗谷管内幌延町で行われているが、実際に処分する場所はまだ全国どこにもない。(報道センター 関口裕士)
[PR]
by oomawotomeru | 2014-05-26 00:26 | 大間原発情報 | Comments(0)

福井判決を追い風に、大間原発裁判を闘いたい

福井地裁が5月21日、関西電力大飯原発3、4号機の再稼動さし止め判決を出した。
原発から半径250キロの住民に原発からの大きな影響を鑑み、
人格権を認めて命を守る権利のために原発にノーを突きつけた。

これまでの反原発裁判の判決要旨の中では出色の素晴らしいものである。
判決要旨はわかりやすく素晴らしい。

この判決を受けて大間原発裁判の行方が期待できる。
函館市長、大間原発を止めたい市民、原発に反対するすべての人々に希望をくれた判決である。


これを追い風に、二つの大間原発建設差止め裁判を闘いたい!

写真は大間の海の夕景
a0292602_955142.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大間訴訟への追い風期待、大飯原発再稼働差し止めで
2014/5/22 10:03

 福井地裁が21日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働差し止めを求める住民訴訟で、差し止めを命じる判決を言い渡した。大間原発(青森県大間町)の建設差し止めを求めて提訴している函館市や、住民訴訟の関係者も今回の判決内容を歓迎するとともに、今後の裁判への追い風となることに期待を寄せている。

 自治体として全国で初めて、原発の建設差し止め訴訟を起こしている函館市。工藤寿樹市長は「福島第一原発の事故後に提訴し、事故を踏まえての判決で、非常に大きな意味がある」と高く評価した。

 同市長は「周辺住民の不安は高まり、いろいろな疑問を持っている。国や事業者が危険性も含めて説明しなければならない。なし崩し的な建設、稼働は住民側として決して納得していないと理解してもらわなければ」と指摘。

 東京地裁での初弁論を7月3日に控える中、「今回の裁判内容を参考にし、期待した結果が出るように頑張りたい」と述べた。

 また、大間原発訴訟の会代表の竹田とし子さん(65)も「司法が住民意見を汲んでくれたのはうれしい」と喜ぶ。「これまでの住民訴訟は結論ありきで、原発は大丈夫という宣伝の中で敗訴判決が下されてきた。しかし、福島の原発事故以降、裁判官の考えも変わってきたと信じたい。世論の支持もあって差し止め判決になったと思うので、私たちもこれにならって大間原発を止めたい」と意気込んだ。
[PR]
by oomawotomeru | 2014-05-24 09:06 | 大間原発情報 | Comments(0)

いわき市から東京に避難している11歳の子どもの証言

福島原発事故から3年以上がたち、避難された方達の暮らしが気になります。
11歳の子どもが、自分が大人になるまでこの国を守って欲しいと訴える
30年近く原発に反対してきて、変えることのできなかった日々を思う。
無念の思いと無力感と闘う日々を過ぎ、

それでも一歩、一歩
あなたの声を真摯に受け止めてあるきます。


a0292602_10454163.jpg




----------------------------------------------------------------------

福島県いわき市から東京に避難している11歳児童の訴え

5月6日に東京都江東区夢の島の第五福竜丸展示館前でおこなわれた2014年原水爆禁止国民平和大行進<東京-広島コース>出発集会の中で、福島県いわき市から東京に避難している11歳児童の訴えが参加者の胸を打ちました。全文を紹介します。

 ぼくは、原発事故の次の日に、福島を離れてから、一度も自分の家を見ていません。
2年生の3月に、急にぼくは東京の子になりました。家も学校も友達も、楽しかった事が急にみんな消えて、ひなん所から知らない学校へ行く生活が始まりました。

 弟も、ぼくも、泣いたり吐いたりしながら、ただ、しなければならないことをがんばりました。

 ぼくたちは、くいきがいひなん だから、ばいしょう金がほとんどもらえないので、みんなたいがい貧乏です。
そして、ほとんどの子が、お父さんと離れ離れの生活をしています。

 お父さん達が福島で働かないと、ぼくたちは避難を続けられないからです。原発事故さえなければ、ぼくらはみんな、自分の家で、家族そろって普通に暮らせたはずです。

 ぼくも、1年半はお父さんと離れ離れでした。たまにお父さんに会える日はすごく嬉しかったけど、お父さんが帰るたびに、弟が布団にもぐって泣くので、すごくつらかったです。ぼくも弟と同じ気持ちだったから。

 ぼくのお父さんは、一人で福島の家に残ってがんばったけど、心と体が壊れて、仕事を辞めて東京へ来ました。やっと一緒に暮らせるようになったけど、今でもいろいろ大変なことがあります。

 広島や長崎の原爆のことは、話には聞いたけれど、まさか69年もたって、自分の家の上にも同じ様なものが降ってくるなんて、そして、その見えない毒が、ぼくたちの生活をめちゃくちゃにしてしまうなんて、夢にも思わなかったです。

 ぼくたちは、原発事故でたくさんのものを失いました。自分の家や家族の笑顔や、たくさんの楽しい事が、みんな消えてしまいました。

 こんなことを二度と繰り返してほしくないから、どうかぼく達が政治を動かせる日まで、この国を守っていてください。そしてぼくたちに、原爆も原発も無い、安全な未来を渡してください。ぼくたちは、それを引き継げるように、一生懸命勉強してついていきます。

よろしくお願いします。

・・・・・

写真は福島県いわき市
[PR]
by oomawotomeru | 2014-05-23 10:46 | 福島情報 | Comments(1)

脱原発全国弁護団連絡会より 声明 河合弁護士、海渡弁護士は大間原発裁判の弁護士です

21日の大飯原発差止め命令の判決を受けて、
全国弁護団連絡会からの声明です。

共同代表の河合弁護士、海渡弁護士は大間原発建設差止め裁判にも関わっています。
この判決を大間原発裁判に生かして、
これまでにない展開で原発反対の声が大きくなることを願います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                2014年5月23日
大飯原発3、4号機運転差止訴訟福井地裁判決の意義と
全国弁護団連絡会としての今後の行動提起

                   共同代表 河合 弘之
                     同 海渡 雄一

第1 経緯
福井地裁は、5月21日、関西電力に対し、大飯原発3、4号機の運転差止めを命じる判決を言い渡した。
この判決は、福島第一原発事故後の正式訴訟の判決としては初めての判決であるが、我々はこれに勝訴することができた。
判決内容は、以下に詳しく説明するとおり、司法が原発の抱える本質的な危険性を深く認識し、差し止めの結論を導いたものであり、これからの脱原発訴訟に大きな影響を与える画期的な内容となった。
判決の理論的な立場と差し止めと理由とするところを概観する。

第2 判決の内容
1 人格権
 人格権は憲法上の権利、人の生命を基礎とする。わが国の法制下でこれを超える価値を見いだすことはできない。

2 福島原発事故
 原子力委員会委員長は福島第1原発から250キロ圏内に居住する住民に避難を勧告する可能性を検討し、チェルノブイリ事故でも同様の規模に及んだ。
 ウクライナ、ベラルーシで今も避難が続く事実は、放射性物質のもたらす健康被害についての楽観的な見方、避難区域は最小限のもので足りるという見解の正当性に重大な疑問を投げかける。250キロは緊急時に想定された数字だが過大と判断できない。

3 本件原発に求められる安全性
(1)原子力発電所に求められる安全性
 原発の稼働は法的には電気を生み出す一手段である経済活動の自由に属し、憲法上は人格権の中核部分よりも劣位に置かれるべきだ。自然災害や戦争以外で、この根源的な権利が極めて広範に奪われる事態を招く可能性があるのは原発事故以外に想定しにくい。具体的危険性が万が一でもあれば、差し止めが認められるのは当然である。
 原子力技術の危険性の本質、そのもたらす被害の大きさは福島原発事故により、十分に明らかになった。このような事態を招く具体的な危険性が万が一でもあるのかが判断の対象である。福島原発事故の後において、この判断を避けることは裁判所に課された最も重要な責務を放棄するに等しい。

(2)原子炉等規制法に基づく審査との関係
 4の考えは、人格権と条理によって導かれる。原子炉等規制法などの行政法規のあり方、内容によって左右されない。
 新規制基準の対象となっている事項についても、基準への適合性や規制委員会による基準適合性審査の適否という観点からではなく、3(1)の理にもとづいて裁判所の判断が及ぼされるべきである。

4 原子力発電所の特性
 原子力発電技術で発生するエネルギーは極めて膨大で、運転停止後も電気と水で原子炉の冷却を継続しなければならない。その間、何時間か電源が失われるだけで事故につながり、事故は時の経過に従って拡大する。これは原子力発電に内在する本質的な危険である。
 施設の損傷に結びつく地震が起きた場合、止める、冷やす、閉じ込めるという三つの要請がそろって初めて原発の安全性が保たれる。福島原発事故では冷やすことができず放射性物質が外部に放出された。
 本件原発には地震の際の冷やす機能、閉じ込める構造に次の欠陥がある。

5 冷却機能の維持
(1)ストレステストのクリフエッジを超える可能性を認めた。
 1260ガルを超える地震では冷却システムが崩壊し、メルトダウンに結びつくことは被告も認めている。
 ストレステストの基準とされた1260ガルを超える地震も起こりうると判断した。
 わが国の地震学会は大規模な地震の発生を一度も予知できていない。
 地震は地下深くで起こる現象であるから、その発生の機序の分析は仮説や推測に依拠せざるを得ない、地震は太古の昔から存在するが、正確な記録は近時のものに限られ、頼るべき過去のデーターはきわめて限られていることを指摘した。

(2)700ガルを超えて1260ガルに至らない地震について、過酷事故につながる危険がある。
① 被告は、700ガルを超えるが1260ガルに至らない地震への対応策があり、大事故に至らないと主張する。
 被告はイベントツリーを策定してその対策をとれば安全としているが、イベントツリーによる対策が有効であることは論証されていない。
 事態が深刻であるほど、混乱と焦燥の中で従業員に適切、迅速な措置を取ることは求めることができない。地震は従業員が少なくなる夜も昼と同じ確率で起き、人員の数や指揮命令系統の中心の所長がいるかいないかが大きな意味を持つことは明白だ。
 また対応策を取るには、どんな事態が起きているか把握することが前提だが、その把握は困難だ。福島原発事故でも地震がどんな損傷をもたらしたかの確定には至っていない。現場に立ち入ることができず、原因は確定できない可能性が高い。
 仮にいかなる事態が起きているか把握できたとしても、全交流電源喪失から炉心損傷開始までは5時間余りで、そこからメルトダウン開始まで2時間もないなど残された時間は限られている。
 地震で複数の設備が同時にあるいは相前後して使えなくなったり、故障したりすることも当然考えられ、防御設備が複数あることは安全性を大きく高めるものではない。
 原発に通ずる道路は限られ、施設外部からの支援も期待できない。

②(基準地震動の信頼性)
 従来と同様の手法によって策定された基準地震動では、これを超える地震動が発生する危険があるとし、とりわけ、4つの原発に5回にわたり想定した基準地震動を超える地震が平成17年以後10年足らずの間に到来しているという事実を重視した。
 このような誤りが重ねられた理由は学術的に解明されるべきだが、裁判所が立ち入る必要はない。
 これらの事例は「地震という自然の前における人間の能力の見解を示すもの」というほかない。
 基準地震動を超える地震が大飯原発に到来しないというのは、根拠のない楽観的見通しである。

③(安全余裕について)
 被告は安全余裕があり基準地震動を超えても重要な設備の安全は確保できるとしたが、判決は、基準を超えれば設備の安全は確保できない、とした。過去に基準地震動を超えても耐えられた例があるとしても、今後基準を超えたときに施設が損傷しないことを根拠づけるものではない。

(3)700ガルを超えない地震について
 地震における外部電源の喪失や主給水の遮断が、700ガルを超えない基準地震動以下の地震動によって生じ得ることに争いがない。しかし、外部電源と主給水が同時に失われれば、限られた手段が効を奏さなければ大事故となる。
 補助給水には限界があり、①主蒸気逃し弁による熱放出、②充てん系によるホウ酸の添加、③余熱除去系による冷却のうち、一つでも失敗すれば、補助給水設備による蒸気発生器への給水ができないのと同様の事態に進展する。
 主給水系が安全上重要でないという被告の主張は理解に苦しむ。

6 閉じ込め機能(使用済み核燃料の危険性)
 使用済み核燃料は原子炉格納容器の外の建屋内にある使用済み核燃料プールと呼ばれる水槽内に置かれている。本数は千本を超えるが、プールから放射性物質が漏れた時、敷地外部に放出されることを防御する原子炉格納容器のような堅固な設備は存在しない。
 福島原発事故で、4号機のプールに納められた使用済み核燃料が危機的状態に陥り、この危険性ゆえ避難計画が検討された。原子力委員会委員長の被害想定で、最も重大な被害を及ぼすと想定されたのはプールからの放射能汚染だ。使用済み核燃料は外部からの不測の事態に対し、堅固に防御を固めて初めて万全の措置といえる。
 大飯原発では、全交流電源喪失から3日たたずしてプールの冠水状態を維持できなくなる危機的状況に陥る。そのようなものが、堅固な設備に閉じ込められないまま、むき出しに近い状態になっている。
 国民の安全が優先されるべきであるとの見識に立たず、深刻な事故はめったに起きないだろうという見通しで対応が成り立っている。

7 本件原発の現在の安全性
 人格権を放射性物質の危険から守るとの観点からみると、安全技術と設備は、確たる根拠のない楽観的な見通しの下に初めて成り立つ脆弱(ぜいじゃく)なものと認めざるを得ない。

8 原告らのその余の主張
 さまざまな違法理由や環境権に基づく主張、高レベル放射性廃棄物の問題などについては、判断の必要がない。
幾世代にもわたる後の人々に対する我々世代の責任という道義的にはこれ以上ない重い問題について裁判所に判断する資格が与えられているか、疑問である。

9 被告のその余の主張について
 被告は原発稼働が電力供給の安定性、コストの低減につながると主張するが、多数の人の生存そのものに関わる権利と電気代の高い低いという問題を並べて論じるような議論に加わり、議論の当否を判断すること自体、法的には許されない。原発停止で多額の貿易赤字が出るとしても、豊かな国土に国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の損失だ。
 被告は、原発稼働がCO2(二酸化炭素)排出削減に資すると主張するが、福島原発事故はわが国始まって以来最大の環境汚染であり、原発の運転継続の根拠とすることは甚だしく筋違いだ。

第3 判示の波及効果
1 これらの理由のうち、主給水の遮断が基準地震動以下の地震動によって生じ得ることについては、加圧水型の原発すべてにあてはまるものである。
 それ以外の判示は、大飯原発3、4号機のみならず、全国の原発すべてにあてはまるものである。
したがって、この判決は、大飯原発3、4号機に限らず、原発が抱える本質的な危険性を認めた判決であると評価できる。

2 原子力規制委員会の適合性審査の下、川内原発や高浜原発の再稼働が強行されようとしているが、川内原発や高浜原発を含むすべての原発は、本判決が指摘する危険性を有しているため、再稼働することは認められない。
また、関西電力は、大飯原発や高浜原発の基準地震動を2割から3割程度引き上げて耐震工事を行うことを明らかにしているが、本判決は、現在行われている基準地震動の策定手法自体に根本的な疑問を提起しているのであり、このような場当たり的な対応によって、本判決が指摘する原発の危険性を否定することはできない。

第4 弁護団連絡会としての本判決の評価
 本判決は、福島原発事故という深刻な事故を真正面から見据えた司法判断である。
福島原発事故のような深刻な事故を二度と繰り返してはならないという原告、弁護団の一致した声が司法の場にも届いた。
我々は「司法は生きていた」と胸を張って言える。
勇気と確信をもってこの判決を言い渡した、福島地裁民事部の樋口英明裁判長以下の合議体に、心から敬意を表したい。
しかしながら、この判決を特殊な判決であると考えることは誤りである。むしろ、深刻な事故を二度と繰り返してはならないという原点から出発し、深刻な事故を引きおこす具体的な危険性が万が一でもあるのかについて、骨太の事実認識にもとづいて手堅い判断を示したものだと言える。
これまで原発を容認してきたも同然であった司法は、市民感覚に沿って、福島第一原発事故とその被害の深刻な現実を目の当たりにして、「地震という自然の前における人間の能力の限界」を率直に認める画期的な判断を下したものということができるだろう。

第5 脱原発弁護団全国連絡会からのアピール
1 脱原発弁護団全国連絡会は、この判決を支持し、関西電力に判決に従うことを求め、もし関西電力が控訴するならば、全力で控訴審を当該弁護団と共に闘い、この判決を守り抜くことを宣言する。
2 脱原発弁護団全国連絡会は、規制委員会に対して、福島第一原発事故という現実を見つめ直し、判決の具体的な指摘を正面から受け止め、再稼働のための基準適合性審査を中止し、耐震設計、基準地震動、耐震重要度分類、共通原因故障などの諸点について、根本的な再検討を行うよう求める。
2 脱原発弁護団全国連絡会は、政府・国に対して、判決の指摘を受け、地震国日本における事故リスクを避けるため、再稼働を断念し、原発政策を根本から見直し、脱原発のための政策に舵を切るように求める。
3 脱原発弁護団全国連絡会は、全国の電力会社、そして原発立地及び周辺の地方自治体に対して、この判決を機に原発推進・依存から早期に脱却し、再生可能エネルギーを中心とするエネルギー政策への転換と環境重視の地域経済を目指すことを求める。
[PR]
by oomawotomeru | 2014-05-22 10:57 | 大間原発情報 | Comments(0)

除染で積上ったフレコンバッグが破れ始めている

除染袋が破れ始めてる!
除染袋の耐用年数は3〜5年。
14万個、すでに多くの処で破れてる。

自宅、学校、公共施設、畑の除染で出た汚染物が入ったフレコンバッグが破れている。
放射能が漏れている。
何のための除染か?
[PR]
by oomawotomeru | 2014-05-22 09:00 | 福島情報 | Comments(0)

大飯原発訴訟判決要旨・・

大飯原発が運転してはならない理由が簡潔にわかります。
伝えたいことがまっすぐな文章は、難しくてもわかるものです。

何が言いたいのかわからない文章は、何かを隠しているから、
安倍首相、管官房長官、田中俊一など、一般的政治家はそうだけど・・

ひとたび事故が起きれば、多くの被害、人命が失われるであろう事業に関わるものは、安全性と信頼に足る組織でなければならない。まさに原子力はそれに当てはまる。

そしてこの判決の要旨は大間にもそのまま当てはまる。
多くの裁判を起こしている原発にも。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大飯原発訴訟判決要旨
 関西電力大飯原発の再稼働差し止め請求訴訟で、福井地裁が言い渡した判決の要旨は次の通り。
 【主文】

 関電は大飯原発から250キロ圏内の原告に対する関係で、3、4号機の原子炉を運転してはならない。
 【理由】
 ひとたび深刻な事故が起これば多くの人の生命、身体や生活基盤に重大な被害を及ぼす事業に関わる組織は、被害の大きさ、程度に応じた安全性と高度の信頼性が求められる。これは当然の社会的要請で、人格権がすべての法分野で最高の価値を持つとされている以上、本件でもよって立つべき解釈上の指針だ。
 人格権は憲法上の権利で、日本の法制下で、これを超える価値は見いだせない。従って、人格権、とりわけ生命を守り、生活を維持するという人格権の根幹に対する具体的侵害の恐れがある場合、人格権そのものに基づいて侵害行為の差し止めを請求できる。
【東電福島第1原発事故について】
 福島原発事故では15万人が避難生活を余儀なくされ、少なくとも60人が命を失った。放射線がどの程度の健康被害を及ぼすかはさまざまな見解がある。見解によって避難区域の広さも変わるが、20年以上前のチェルノブイリ事故で、今も広範囲の避難区域が定められている事実は、放射性物質の健康被害について楽観的な見方をし、避難区域は最小限で足りるとする見解に重大な疑問を投げ掛ける。250キロという数字は、直ちに過大だとは判断できない。
【原発の安全姓】
 原発に求められる安全性、信頼性は極めて高度でなければならず、万一の場合にも、国民を守るべく万全の措置が取られなければならない。
 原発は社会的に重要な機能を営むものだが、法的には電気を生み出すための一手段たる経済活動の自由に属し、憲法上、人格権の中核部分よりも劣る。人格権が極めて広範に奪われる危険を抽象的にでもはらむ経済活動は、少なくとも、具体的危険性が万一でもあれば、その差し止めが認められるのは当然だ。
 新技術の実施の差し止めの可否を裁判所が判断するのは困難だが、技術の危険性の性質や、被害の大きさが判明している場合は、危険の性質と被害の大きさに応じた安全性が保持されているかを判断すればいい。本件では、大飯原発で、このような事態を招く具体的危険性が万一でもあるのかが判断の対象となる。
 【原発の特性】
 原発は、運転停止後も原子炉の冷却を継続しなければならない。何時間か電源が失われるだけで事故につながる。施設の損傷に結び付き得る地震が起きた場合、止める、冷やす、閉じ込めるの三つがそろって初めて安全性が保たれるが、大飯原発には冷却機能と閉じ込める構造に欠陥がある。(2014/05/21-20:44)
[PR]
by oomawotomeru | 2014-05-21 23:50 | 原発一般 | Comments(0)


大間原発を止めるための情報交換


by oomawotomeru

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

函館しは地元同意30キロ圏内..
at 2017-11-25 11:14
函館しは地元同意30キロ圏内..
at 2017-11-25 11:13
函館しは地元同意30キロ圏内..
at 2017-11-25 11:13
大間原発、神戸製鋼製品納入・..
at 2017-11-24 14:28
ベルギーで放射性廃棄物の保管..
at 2017-11-22 11:27

検索

「小出裕章さんのおはなし」

2012年4月「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」をクレヨンハウスから出版しました。2011年3月変わってしまった世界を生きる子どもたちへ、この本を読んでよりよい未来を生きて欲しいとの願いをこめて書きました。
「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」著者:野村保子 監修:小出裕章

http://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%A5%E3%81%91%E3%82%8B%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97-%E9%87%8E%E6%9D%91%E4%BF%9D%E5%AD%90/dp/486101218X

フォロー中のブログ

dezire_photo...
しゅわそら

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

外部リンク

最新のコメント

「そもそも国政は国民の厳..
by けい at 12:48
まったく仰る通りです。 ..
by 萩谷良 at 08:50
保子さん、昨日はありがと..
by Q at 23:33
気づいた人がいる。こう素..
by みかん at 16:38
http://mb2.j..
by 凡人 at 22:09
最近ネットにて、大間原発..
by 凡人 at 07:07
こういった訴えを聞けない..
by 脱福者 at 13:17
ところで、川内原発の問題..
by 凡人 at 22:25
尚、再処理工場がどれほど..
by 凡人 at 20:45
http://mb2.j..
by 凡人 at 20:07

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
福島原発の今を訪ねて~P..
from ゆさをぢさんの「されがまね話」

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
大間原発情報
原発一般
福島情報
社会

大間FAX通信

映画
沖縄
たべもの
函館市裁判情報

世界
憲法
暮らし
未分類

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

時事・ニュース