<   2014年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

福島に贈るジャガイモ、おおきくなりました

緑が濃くて、逞しく、土の下にはほくほくのジャガイモの赤ちゃんがいるはず

福島の子どもたちに贈るためのジャガイモ、育ってます。
春に植えたジャガイモがこんなに大きくなりました。

原発事故でとても大変な思いをしている地域の人を考えると
言葉が出て来なくて、自分達でできること、考えて野菜を贈ると思いつきました

「福島の子どもたちに野菜を贈る会」は山田農場・あかり農場・こなひき小屋・厚沢部の鈴木さん、
他にもたくさんの方々のご協力で一昨年から続いています。
函館や札幌のレストランやお店の方、本当に何度も寄付をいただいている。

野菜を贈る会だけど、送る私たちが元気をもらっているといつも思います。

食べてくれてありがとう・・。


a0292602_144762.jpg



去年の収穫の様子・・
がんばったね、みんな

a0292602_7131286.jpg

[PR]
by oomawotomeru | 2014-06-30 01:10 | 福島情報 | Comments(0)

大間原発バイバイウオーク・7月8月予定

バイバイ大間原発はこだてウォーク!
7月と8月の予定です。

a0292602_961194.jpg


7月は大間現地ウォーク
  2014年7月20日(日)
  8時30分 津軽海峡フェリー函館ターミナル集合 
  9:10 函館港出発 10:40大間港到着
   大間原発現地反対集会に参加 
  風船プロジェクトを行った後
  大間町内をウォーク(デモ) ・・デモ終了後は自由    16:30まで大間フリーターミナル集合
17:00 大間港出発→ 18:30 函館港到着
 参加者希望者は 「大間原発訴訟の会」の中森さんへ
TEL 070-5285-1071 申込締切は7月12日です。 
      フェリー代 団体割引 4,780円 or 4,940円


8月は 漁火通り潮風ウォーク!!
 日時 2014年8月17日(日)
大森公園集合(駐車場あり) 
13:00集会、13:20行進開始 
大森公園から啄木小公園までウォーク
啄木公小公園から大間に向かって建設中止を
アピール 15:00終了予定!

主催  バイバイ大間原発はこだてウォーク
連絡先 080-5590-4117  (高橋)
[PR]
by oomawotomeru | 2014-06-29 09:07 | 大間原発情報 | Comments(0)

電源開発が株主総会で大間原発運転強調

電源開発は株主総会で、大間原発の早期運転開始を目指すと明言。
もともと原発建てようとしているわけだけれど、
でもと言いたい。

原発がコスト高で、採算性がない事はこれまでの試算ではっきりしている。
企業としてそこを考えただけでも原発が株主にとって利益を生まない事歯自明である。

それでも建設強行するのはなぜ?
必ず利益になると踏んでるから。
それは事故を起こしても責任を取らない東京電力。
その悪い見本があるから。

ここで責任を徹底させれば何処の会社も原発なんて建てないに決まってる。


a0292602_1184395.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「原発欠かせず」
大間運転を強調
2014年6月27日 北海道新聞より

 電源開発(東京)は26日の株主総会で、函館市が建設差し止めを求めて提訴した大間原発(青森県大間町)について、原子力規制委員会による新規制基準の適合しんさへの申請を急ぎ、早期の運転開始を目指す考えを改めて強調した。
 一部株主から、原発で大規模な事故が起きれば多大な損失をもたらすリスクがあるとして建設凍結を求める意見が出たものの、日野稔副社長は「原発はエネルギー安定供給の観点から欠かせない。全社を挙げて安全な発電所つくりに取り組む」と述べた。訴訟は7月3日に始まるが、函館市にたいしては「適宜、情報提供している。今後も説明していきたい」とした。
  一方、国のエネルギーせいさくについて北村雅良社長は「原発のあり方(について)、国民全体の議論を行って政策として整理し、位置づけていくプロセスが必要」との認識を示した。同社は9月にも大間町の適合性審査を申請する見通し。審査が1年でおわったとしても、営業運転開始は2019年以降になる公算が大きい。
[PR]
by oomawotomeru | 2014-06-28 11:14 | 大間原発情報 | Comments(0)

小出さん、大間原発を語る

大間原発差し止めの、函館市と市民グループの二つの裁判がおきている。
地方自治体が起こす反原発裁判は函館市が初めて。
市民グループは2010年に裁判を起こしている。
二つの裁判は大間原発のある大間町の対岸。
なぜ大間町ではなく、函館市なのか?

大間原発の危険性とその特徴、自治体が起こす裁判の意味など小出さんが語っています。

a0292602_8252737.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<小出裕章さんに聞く>建設差止め訴訟に揺れる大間原発
アジアプレス・ネットワーク 6月24日(火)11時45分配信 (有料記事)
<小出裕章さんに聞く>建設差止め訴訟に揺れる大間原発
京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さん
「フルMOXという原子炉は世界でも大間だけです」
北海道函館市が4月、青森県大間町に建設中の大間原子力発電所について、建設の差し止めを求める訴訟を東京地裁に起こした。自治体が原告として原発差し止め訴訟を起こすのは、日本では初めてのこと。この大間原発の問題について、京都大学原子炉実験所・助教の小出裕章さんに聞いた。(ラジオフォーラム)

●函館市と大間町は同じ生活文化圏

ラジオフォーラム(以下R):まず、この大間原発の立地について教えていただけますか。

小出:はい。青森県の下北半島の最北端にあります。本州最北端ですね。すぐ向かい側が北海道ということで、大間原発から函館市の市役所のある所まで30数キロだと思います。函館市の一番近い所までなら20キロ程度しかないという、そんな所です。大間町は青森県ではありますけれども、青森市とのつながりは大きくなくて、むしろ海峡を挟んだ函館市とのつながりが大きい。要するに、生活文化圏としては函館市と一緒に生きてきたという、そういう町なのです...
本文:2,932文字
この記事の続きをお読みいただくには、アジアプレス・ネットワークの購入が必要です。
[PR]
by oomawotomeru | 2014-06-28 08:26 | 大間原発情報 | Comments(0)

函館・大間訴訟で基金設置

函館市の大間原発差止め訴訟に、寄付金が寄せられている。
この寄付金の受け皿として基金設置が決まった。

2490万円の寄付金が集まった。
大間原発を止めたい気持ちの結集であり、
感謝の気持ちがわいてくる。

お金に託した市民たちの気持ちを今後の訴訟に生かしてほしい。

a0292602_634722.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大間原発訴訟で基金設置へ 函館市寄付金受け皿
2014年6月28日03時00分
市は、大間原発(青森県大間町)の建設差し止め訴訟の費用として市民らから寄せられている寄付金の受け皿とするため、「大間原発訴訟基金」の設置を決めた。27日に開かれた同市議会で基金設置の条例が可決された。

 同市は4月3日、自治体としては初めて原発差し止めを東京地裁に提訴。訴訟費用への寄付受け付けは、市議会での提訴議案の可決を受け、翌3月27日に始まった。これまでに集まった寄付金は約2490万円。弁護士費用や旅費など、年間約400万円かかるとされる訴訟費用にあてる。

 市は、訴訟が終わって基金に残額がある場合には、安全で安心な市民生活の確保にかかわる施策に使うとしている。
[PR]
by oomawotomeru | 2014-06-28 06:34 | 大間原発情報 | Comments(0)

7月19日・20日は大間町に集まりましょう!

今年も大間町で、マグロックと現地集会が開かれます。

今年で7回目を迎える大間原発反対現地集会は、
2008年の大間原発建設着工に抗議する集会でした。
今は亡き、熊谷あさ子さんの建てたログハウスの後ろの畑で開かれました。
小さなテントが2張り、午前中にロックバンドが3グループだったでしょうか。
誰も知らない曲を賑やかに演奏していました。

私はそこで小笠原さんと一緒に、わかめとふのりを売りました。
小笠原さんが作ったふのりの入ったみそ汁も好評でした。
仙台からわかめの会、日本中を放浪しているあこちゃん、弘前で反原発しているヒト、
たくさんの人と会いました。

あれから7年
今年が大間原発の正念場になります。
たくさんの人が大間町に集まって、
大間町の人と話してみませんか。

大間原発が亡くなっても大間町でロックフェンスティバルがあるかぎり
大間町を訪ねて欲しい。
そうしておいしいマグロを食べて、温泉に入って、
「昔、ここに原発が建てられそうになったんだよ」と若い人たちに伝えたい。

大マグロック&大間原発反対現地集会の詳細は下記

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




a0292602_10345145.jpg




a0292602_10351754.jpg

[PR]
by oomawotomeru | 2014-06-24 10:48 | 大間原発情報 | Comments(0)

大間原発・19年以降の運転再開予定との見通し

20日、電源開発は大間原発運転見通しを19年以降とする見方をひろう

初めて原発を作る会社が、フルMOXを安全に運転できるのか?
規制委員会の審査は安全のための審査ではなく、ハードのチェック機関でしかない
なにより、生み出した放射性廃棄物の
行き場もなく、また放射能のゴミを作るのか、
誰も答えないその問いに、未来への付け回しは許さない

北海道新聞より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


大間原発の運転、19年以降に 電源開発見通し、原発審査順調でも(06/21 06:10)
 電源開発(東京)は20日、建設中の大間原発(青森県大間町)の営業運転開始時期について、9月にも原子力規制委員会に申請する新規制基準の適合性審査を通過した後、さらに「3年半プラスアルファかかる」との見通しを明らかにした。審査を1年間で終えるなど手続きが順調に進んでも、2019年以降になる。同社は作業工程の短縮を検討した上で、規制委への審査申請時に運転開始の目標時期を盛り込む。

 楠瀬(くすのせ)昌作・大間現地本部長代理が同日、大間原発の建設現場で報道陣に明らかにした。同原発は、設計変更や追加工事も予定されていることから、楠瀬氏は、プラスアルファの期間が年単位になりうるとの見方も示した。この場合、営業運転開始は2020年以降にずれ込むことになる。

 大間原発が目指すプルトニウムとウランの混合酸化物(MOX)燃料を100%使う「フルMOX」でのプルサーマル発電による商業炉は世界に例がなく、安全性を疑問視する声が上がっている。<北海道新聞6月21日朝刊掲載>。
[PR]
by oomawotomeru | 2014-06-22 00:36 | 大間原発情報 | Comments(0)

歌い奏でる Yurai ワークショップ

Yurai 夏至 Live 森のカカラ市

唄い奏でるワークショップに参加



a0292602_02433.jpg

a0292602_0132127.jpg

雲と霧につつまれた駒ヶ岳

a0292602_044356.jpg


流政之の野外彫刻に囲まれた空間で・・

a0292602_065525.jpg


a0292602_09583.jpg

[PR]
by oomawotomeru | 2014-06-22 00:13 | | Comments(0)

全国初の原発裁判、函館が大間原発中止を求めて提訴

ビッグイシューに次の記事がのった

原子力資料情報室の伴さんの記事
この中で1000万円 を超える寄付とあるが
6月20日現在で2300万円を超えている。

函館市内はもとより、北海道、全国からの寄付が集まっている。
全国の地方自治体は、函館に続いて欲しい。

原発立地地域、原発立地近隣地区にお住まいの方は、
原発を止める最も有効な手段は全国一斉の原発ノーの声です。

全国一斉に裁判を起こせば、国は原発の再稼動ができなくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全国初、行政による原発裁判。 函館市、大間原発の 建設中止を求めて提訴



4月3日に函館市は、国と事業者である電源開発株式会社に対して大間原発の建設中止を求めて裁判に訴えた。提訴の予算は市議会でも承認されており、いわば函館市民が一丸となって訴えているものといえる。行政当局が原発裁判を行うのは全国でも初めてのことで、原発をめぐる国と自治体のあり方を問う画期的な提訴だ。同市だけでなく北海道のほとんどの自治体が大間原発の建設に反対している。

大間原発は2008年から建設が始まり、11年の震災で建設を中断し、12年10月から再開した。04年に民営化され、ジェイパワーの愛称で知られる電源開発は、戦後の大規模ダム開発による水力発電や火力発電の開発を担ってきた特殊会社(政府出資67%、他は9電力)だった。同社はまた国産原子炉の開発を進めようとしてきたが、これはコスト高を理由とする電力会社の反対で頓挫し(95年)、プルサーマル専用の原発に切り替え、六ヶ所再処理工場で取り出されたプルトニウムを使用するための原発と位置づけられた。

函館市の言い分は、政府が大間原発の設置許可を出したのは福島原発事故を起こした古い規制基準によるので、今では通用しないから許可を取り消すべきだ。また、規制委員会は今の基準に適合していないのだから建設をやめさせるべきだ。事業者に対しては、旧基準に基づく建設では事故が起きる恐れが高く、事故時には壊滅的被害により函館市自体の存続が危うくなるから建設を中止すべきというもの。

大間原発の許可時には津軽海峡を挟んだ対岸の函館市は蚊帳の外だった。にもかかわらず、防災対策の範囲が福島事故後に30キロメートルまで拡大されて、防災計画を策定しなければならなくなった。しかし、27万人の函館市民を放射能被曝なしに避難させる計画はできないと工藤壽樹函館市長は言う。

函館市は裁判費用への寄付を求めていたが、わずか1週間で1千万円を超えた。全国からの支持が集まっている証しだ。
[PR]
by oomawotomeru | 2014-06-21 08:02 | 大間原発情報 | Comments(0)

大飯原発判決に力を得て、函館市は大間原発裁判を勝訴に!!

6月17日函館市議会の一般質問で、大飯原子力発電所の3号機と四号機の運転再開禁止を求めた判決を高く評価した。
大飯判決は憲法に基づく、人格権がすべてに勝ると断じた。
原発を建て手得られる経済性よりも、
人が土地に根ざして生きる事の豊かさこそ国の富であると裁判長が言った。
人があって、国がある、この素晴らしい言葉を裁判所で聞くとは思わな買った素晴らしい判決。

函館市の大間原発裁判もまた、地方自治体の人格権を基に提訴している。
人が生きて、街ができ、豊かな未来を作る。
生きる事と相容れない原発の運転を差し止めを求めている。

全国のみなさん、函館市の裁判に注目してください!
そして全国から原発反対の裁判をおこしましょう!
すべての原発立地から何らかの原発反対の裁判が起きたら、
この国は変わります。

原発ノーへの第一歩は「原発いらない」の声を上げる事です。




a0292602_112548.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 NHKニュースより


大飯原発の判決“大きな意味”
06月17日 12時25分

大飯原発の判決“大きな意味”
函館市の工藤市長は、17日開かれた市議会で、福井県にある関西電力大飯原子力発電所の3号機と4号機を巡って福井地方裁判所が運転を再開しないよう命じた判決について、「非常に大きな意味を持ち、参考にしたい」と述べました。
函館市議会は17日、一般質問が行われ、この中で工藤市長は、議員から大飯原発の3号機と4号機の運転を再開しないよう命じた判決について感想を聞かれました。
工藤市長は、「判決は、福井地裁が大飯原発から250キロ圏内に居住する住民は、直接的に人格権が侵害される具体的危険があるとして、関西電力に運転差し止めを命じたもので、福島第一原発の事故のあと、初めての判決で非常に大きな意味を持つ」と述べました。
そのうえで、函館市が起こした大間原発の建設差し止め訴訟で、参考にしながら勝訴に向けて取り組む考えを示しました。
また、訴訟費用として、これまでに全国から2300万円余りの寄付が集まったことについて「大変心強いと感じてる」と述べました。
函館市が起こした大間原発建設差し止め訴訟は、来月3日に東京地裁で第1回目の口頭弁論が行われ、工藤市長が、函館市の置かれた立場などを意見陳述する予定です。
[PR]
by oomawotomeru | 2014-06-18 11:11 | 大間原発情報 | Comments(0)


大間原発を止めるための情報交換


by oomawotomeru

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

韓国、脱原発宣言が素晴らしい
at 2017-06-22 09:14
韓国、脱原発宣言が素晴らしい
at 2017-06-22 09:14
韓国、脱原発宣言が素晴らしい
at 2017-06-22 09:13
前川さんインタビュー・・中日新聞
at 2017-06-02 08:27
再稼働してはいけない日本の原..
at 2017-05-29 07:11

検索

「小出裕章さんのおはなし」

2012年4月「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」をクレヨンハウスから出版しました。2011年3月変わってしまった世界を生きる子どもたちへ、この本を読んでよりよい未来を生きて欲しいとの願いをこめて書きました。
「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」著者:野村保子 監修:小出裕章

http://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%A5%E3%81%91%E3%82%8B%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97-%E9%87%8E%E6%9D%91%E4%BF%9D%E5%AD%90/dp/486101218X

フォロー中のブログ

dezire_photo...
しゅわそら

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

外部リンク

最新のコメント

「そもそも国政は国民の厳..
by けい at 12:48
まったく仰る通りです。 ..
by 萩谷良 at 08:50
保子さん、昨日はありがと..
by Q at 23:33
気づいた人がいる。こう素..
by みかん at 16:38
http://mb2.j..
by 凡人 at 22:09
最近ネットにて、大間原発..
by 凡人 at 07:07
こういった訴えを聞けない..
by 脱福者 at 13:17
ところで、川内原発の問題..
by 凡人 at 22:25
尚、再処理工場がどれほど..
by 凡人 at 20:45
http://mb2.j..
by 凡人 at 20:07

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
福島原発の今を訪ねて~P..
from ゆさをぢさんの「されがまね話」

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
大間原発情報
原発一般
福島情報
社会

大間FAX通信

映画
沖縄
たべもの
函館市裁判情報

世界
憲法
暮らし
未分類

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

時事・ニュース