大間原発工事再開抗議デモ 11・3

大間原発工事再開に抗議して、函館千代台公園で集会とデモが行われた
北海道平和フォーラム主催で1400人が集まった
市民団体、労働組合など多彩な人たちで会場があふれた

「さようなら原発1000万人アクション北海道」の呼び掛け人のひとり、小野有吾・北大名誉教授の挨拶。「3・11後、世界は変わったのに、脱原発の方針をきめたはずの日本では、大間の建設を許してしまう。北海道、函館から日本を変えよう」と話す。
平和運動フォーラム、大間原発訴訟の会代表・竹田とし子さんなどが挨拶

市民グループは太鼓、あんどんなどを持って集まりにぎやかに歩く
大間原発を止めようと言う市民の声がこんなに大きくなっているのに
政治はどのようにこたえるのか。
[PR]
# by oomawotomeru | 2012-11-04 10:36 | 大間原発情報 | Comments(0)

大間原発工事再開の質問にまじめに答えない電源開発

10月1日 福島原発事故以来中止していた工事を再開した大間原発
建設主体の電源開発(株)は、函館市を訪問したのが10月1日、その日朝にすでに工事再開を再開していた。その日の電源開発の言葉では本格工事は来春に、と言っていたにもかかわらず、
翌週の10日に本格工事を再開した。そのことについて、函館市長は全面凍結を要請、10項目の質問に公開で答えるように示唆した。
しかし、電源開発は公開で答える訳にはいかないので、文書回答と主張。
その答えである、回答文書が31日、函館市に郵送で届いた。

これはあまりにばかにしたはなしではないか。
たかが民間会社であり、国のエネルギー政策に名を借りた自分たちの利権維持と会社の利益のためだけに、動いているとしか思えない。プルトニウムという劇物を扱う企業が私利私欲で公的なチェックも受けずに(新しい原子力規制委員会のチェックはスルーした)未来永劫の負の遺産を作ろうとしている。

以下毎日新聞から

青森・大間原発:Jパワー回答に憤り、函館市「まともに答えていない」 /北海道
毎日新聞 11月1日(木)12時20分配信
 大間原発(青森県大間町)の建設中止を求めている函館市が事業主のJパワー(電源開発)に提出した質問状の回答が31日、郵送で同市に届いた。工事の再開理由など、市の10項目の質問に答える形になっていたが、工藤寿樹市長は「まともに答えていない。事実上の無視だ」と憤った。

 回答書でJパワーは再開の判断について「原発は今後も重要なエネルギー源。大間原発は安全性・信頼性の高い原発で立地自治体の大間町の再開要望があった」ことなどを挙げた。また、安全対策に対しては「原子力規制委員会が定める新たな技術基準に対応しながら工事を進める」と記している。活断層の存在については、地質調査の実施を明記したが、国際海峡である津軽海峡のテロ対策については秘密保持を理由に公表を拒んだ。【近藤卓資】
11月1日朝刊
a0292602_12351664.jpg

[PR]
# by oomawotomeru | 2012-11-02 12:35 | 大間原発情報 | Comments(0)

郡山の空気中に放射能値

郡山市内では空気中を漂う塵・埃に放射能がいっぱい !!
県が調べた検査結果が空気中の放射能の値を出した。
この空気の中で子どもも大人も生きている

とにかく子どもはここからどこかへ行かなければならないのだが・・
福島集団疎開のことをもっとよく調べよう・・。

以下お読みください。

皆さまへ

まだ、昨日、福島放送が、「29日、県農業総合センターが郡山市で開いた試験研究
成果説明会で発表した」と報道しただけで、センターのHPには掲載されていませ
ん。
ですが、報道内容を分かりやすくまとめると、以下のようになります。

福島県農業総合センター(郡山市日和田町)「切干し大根」重量を約1/20乾燥実験:
 ①乾燥機で乾燥:放射性セシウムは検出限界値以下。
 ②センター内の軒下などで乾燥:最大で3421Bq/kgもの放射性セシウムを検出。
 考察:肉眼的にみて空気中の塵・埃が多く付着したものほど高濃度に汚染。
したがって、空気中を漂う塵・埃の付着が原因と結論。

KFB福島放送 http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201210303

福島県当局がどれだけ気づいているか分かりませんが、県農業総合センターという
公的機関が空気中の放射性物質に言及したと解釈できるわけで、重い発表です。

つまり、乾燥野菜だけにとどまらず、人は四六時中呼吸する過程でこれらの塵・埃を
吸い込んでいるわけですから、郡山市内の子ども達をはじめとする住民が内部被爆を
受けることの大きな要因の一つであることを意味します。

なお、放射性核種の粒径の大小によって、呼吸中から呼吸後における挙動は大きく
異なります。

まず、呼吸と一般的な空中浮遊粒子の粒径との関係を見てみましょう。

呼吸にともなう空気中の浮遊粒子の肺への吸入・沈着量には、粒子の形状、比重、
呼吸速度なども関係しますが、概観的には10μm以上の粒子は鼻腔内で除去され、
5μmの粒子は気管支粘膜の繊毛で咽喉に戻されタンとともに体外に排出されます。

粒径2.5μm以下の粒子は肺に吸入され肺胞に達して付着し、じん肺を起こしやす
く、
超微粒子(直径0・1 μm=100nm以下のナノ粒子)は主として肺胞から血中に
入ります。

詳細は、:人工放射性微粒子の大きさと長期低線量内部被曝の関係
低線量内部被曝が深刻な理由――原発事故で放出された人工放射性物質と自然界に
ある放射性物質の危険性は段違い(日本消費者連盟発行『消費者リポートNo.1520』
2012.10.21――添付ファイルのP.4~P.5)を見て下さい。
[PR]
# by oomawotomeru | 2012-11-01 00:24 | 大間原発情報 | Comments(0)

福島の子どもたちの健康調査

北海道深川市立病院の内科医の松崎道幸先生の書かれたものです。
福島の子どもたちの被曝による健康被害について述べています。

福島原発事故で放射線の拡散した地域は特定が難しいほど広い範囲に及んでいる。放射能の汚染は、見えない、匂いもしない、触ることも出来ない。だからこそ危険を避けるために、これまでの知識、経験から身を守るすべを大人は示さなければならない。しかし、健康調査だけをとっても、この国の欺瞞的な制度が、人々をさらに不安にしている現実がある。そしてその不安が病気を呼ぶなどと言う人間、山下俊一が調査のトップにいる。
でも松崎先生は誠実で鋭い視点で、子どもたちの未来を憂いている。

ぜひこの意見書をお読みください。
これは最後のまとめです。

1. 福島県中通地方は、チェルノブイリの高汚染地区に匹敵する放射能
汚染が続いている。
2. チェルノブイリの疫学調査から、そのような地区に長期間居住する
子供たちに深刻な呼吸機能異常と骨髄機能異常が見られることが指
摘されている。
3. 将来のあるこども達に起こるおそれのある不可逆的な健康被害を予
防するためには、速やかに汚染地域から避難する必要があることは
明白であり、それこそが痛苦のチェルノブイリ事故から我々が学び
取るべき教訓である。
以下松崎先生の意見書です。
http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/kou131Matsuzaki-opinion.pdf

a0292602_13513337.jpg


盛岡・宮沢賢治さんの羅須地人協会
[PR]
# by oomawotomeru | 2012-10-31 13:45 | 大間原発情報 | Comments(0)

函館市長 国会調査会に出席

大間原発が国の問題になってきた
函館市長が大間原発建設凍結を宣言して早くも1ヶ月が過ぎた
しかし、電源開発は10月10日には本格工事を始め、説明責任をとう質問にも答えない
北海道、函館、いや原発立地地点など頭にないのがこれでより鮮明になった

しかし、時代は変わった
市民の声を無視して国の方向を決める時ではない

官邸前で、道庁前で、各地の反原発・脱原発がこの国を変えようとしている

函館市長は公開の原則を貫き、市民に見える政治を・・。

大間原発めぐる国会調査会
函館市長、出席は「最優先」

 Jパワー(電源開発)が建設を再開した大間原発(青森県大間町)について、函館市の工藤寿樹市長は29日の定例会見で、超党派の国会議員でつくる国会エネルギー調査会などへの出席について、「現在の最優先課題であり、他のものを差し置いても行きたい」と意欲をみせた。
 超党派の国会議員でつくる「原発ゼロの会」事務局の阿部知子議員らが、今臨時国会中にも工藤市長の意見を聴く機会を設けたいとの意向を示していた。
 また会見で「決定権のない人から、ただ文書を受け取るだけでは、あちらのアリバイつくりになる、と述べ、回答を受け取る際には役員クラスの出席と報道期間への公開を求めていると話した。
[PR]
# by oomawotomeru | 2012-10-30 10:55 | 大間原発情報 | Comments(0)


大間原発を止めるための情報交換


by oomawotomeru

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

六ケ所再処理工場、廃棄ダクト..
at 2017-10-18 10:56
原燃またミス
at 2017-10-11 21:40
8月30日 これからどうする..
at 2017-09-18 13:07
大間原発市民訴訟、判決に向け..
at 2017-09-18 09:21
大間原発市民訴訟、判決に向け..
at 2017-09-18 09:21

検索

「小出裕章さんのおはなし」

2012年4月「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」をクレヨンハウスから出版しました。2011年3月変わってしまった世界を生きる子どもたちへ、この本を読んでよりよい未来を生きて欲しいとの願いをこめて書きました。
「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」著者:野村保子 監修:小出裕章

http://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%A5%E3%81%91%E3%82%8B%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97-%E9%87%8E%E6%9D%91%E4%BF%9D%E5%AD%90/dp/486101218X

フォロー中のブログ

dezire_photo...
しゅわそら

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

外部リンク

最新のコメント

「そもそも国政は国民の厳..
by けい at 12:48
まったく仰る通りです。 ..
by 萩谷良 at 08:50
保子さん、昨日はありがと..
by Q at 23:33
気づいた人がいる。こう素..
by みかん at 16:38
http://mb2.j..
by 凡人 at 22:09
最近ネットにて、大間原発..
by 凡人 at 07:07
こういった訴えを聞けない..
by 脱福者 at 13:17
ところで、川内原発の問題..
by 凡人 at 22:25
尚、再処理工場がどれほど..
by 凡人 at 20:45
http://mb2.j..
by 凡人 at 20:07

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
福島原発の今を訪ねて~P..
from ゆさをぢさんの「されがまね話」

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
大間原発情報
原発一般
福島情報
社会

大間FAX通信

映画
沖縄
たべもの
函館市裁判情報

世界
憲法
暮らし
未分類

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

時事・ニュース