明日2日は東京地裁で、大間原発差し止め訴訟

あす、8月2日東京地裁で函館市の大間原発建設差し止め訴訟があります。

東京電力福島第一原発事故後、原子力発電事故の真実が6年経ってようやくすこづつ出てきています。

6年経っても原子炉の中の燃料がどのようになっているのか、

想像するだけの事故経過です。

それでもいもっとい恐ろしいプルトニウムを処理する原発を作るのでしょうか?

経済性もなく、電気のためでなく、さらなる処理できない放射性廃棄物を生み出す大間原発を

作っていいのか?

今声をあげて市民の声を原子力の世界に届けましょう。

明日午後3時からの口頭弁論ですが、傍聴券は午後2時40分頃から東京地裁前で配布します。

多くの方にこの裁判に関心を持っていただきたい。


あなたの一歩が原発を止めます。


大間原発市民裁判は6月30日に函館地裁で結審しました。(野村)


いかん、東京弁護団の河合弁護士の原発担当、松田さんからのお知らせです・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー〜〜

弁護士 河合弘之の担当の松田と申します。

お世話になっております。


函館市が提起した大間原発建設差止等訴訟は、日本で初めて自治体が原告となって原発の差し止めを求めた裁判です。

建設中の大間原発は、函館市から30キロの距離にあります。

大間原発から50キロ圏内の函館市を含む北海道の道南区域には、37万人の人口を抱えています。

大間原発が過酷事故を起こした場合、避難は不可能です。


8月2日(水)15時より東京地裁103号法廷にて第13回口頭弁論期日が開かれます。


原告側より、大間北方沖活断層の存在する根拠及び大間原発の敷地内には「将来活動する可能性のある断層等」が存在する主張を行います。

大間北方沖に巨大な活断層が存在することは,函館地裁に係属している別訴で実施された,東洋大学教授の渡辺満久氏他の証人尋問の結果等から明らかとなりました。

しかし、電源開発は,大間原発の建設にあたり,大間北方沖活断層の存在を前提とした基準地震動の策定や施設設計をしていません。

原子力規制委員会の審査会合においても、電源開発は将来活動する可能性のある断層等について否定する根拠を示せておりません。

法廷では弁護団から、そのポイントについてわかりやすく説明いたします。


裁判終了後、市民による記者会見を兼ねた報告集会も企画されています。


弁護団からの報告も予定しております。

皆様のお力をお借りして、多くの市民の方に知っていただければと思っています。

ぜひ取材していただきますよう、お願いいたします。


チラシを添付いたしますので、ご査収ください。

▼チラシ

https://goo.gl/KNg9BZ

▼函館市のサイト:大間原発の建設凍結のための提訴について

http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014031000166/



------------------------------------------------------


函館市大間原発建設差し止め裁判

第13回口頭弁論

日時: 8月2日(金)午後3時~

場所: 東京地裁103号法廷(最寄駅 地下鉄:霞が関A1出口)

<抽選>当日午後2時40分までに指定場所に来られた方を対象に抽選します。

http://www.courts.go.jp/app/botyokoufu_jp/list?id=15


記者会見を兼ねた報告集会

会場: 参議院議員会館 講堂

時間: 午後4時~5時45分

開場:午後3時15分

プログラム(予定)

・弁護団から裁判の報告


[PR]
# by oomawotomeru | 2017-08-01 11:12 | Comments(0)

沖縄タイムスの取材を受けました。辺野古差し止め提訴は民主主義の証

24日、沖縄県翁長知事は辺野古・岩礁破壊は違法と国の許可の差し止めを提訴した。
国策をかさに沖縄県民の意思を無視して強引に米軍の辺野古基地建設を
米国にも増して自国政府が押し進めるこの国。
沖縄防衛局が前面に出て米軍基地を自衛隊が建設を進めていくことに強烈な違和感を感じていた。
沖縄タイムスから、国策の原発推進に反対して同じく国策の原発に反対する裁判で闘う一人として取材を受けた。

6年ほど前に出かけた沖縄で辺野古の基地建設用地を始めて回った。
平和丸に乗船し、大浦湾と辺野古の海岸の色の違いにまず驚いた。
サンゴ礁でできた島である沖縄独特のブルーと
深い藍色の水深の大浦湾の違いが見えた。
にここは沖縄唯一の潜水艦が入る港と聞いた。
長島からみると海の色がはっきりと違って見える。

キャンプシュワブの代替えなどではなくこの大浦湾を米軍は狙っていた。
海から見える風景の中に、弾薬庫、射撃訓練場、沖縄防衛局、米軍娯楽施設、
がサンゴの海の向こうに見えた。
原発に反対してチラシ撒きに出かけた大間町で
津軽海峡を向こうに白砂海岸を眺めながら歩いたことを思い出す。
その海岸線は原発建設のための資材などの運搬のための港を作るために通行禁止になった。

沖縄と大間は過疎の地に建設の地元同意を無理やりに取り付け、
強行に工事遂行するところまで同じようだ。
基地は戦争のためのものであり、平和な時代に基地は必要ない。
原発もまた戦争のために研究された技術を平和利用の名の下に、
本当の目的を隠して研究・開発された。
どちらも大量殺戮と不安と恐怖で人を支配するものだ。
 
私が原告となっている大間原発建設差し止め裁判は、
プルトニウムを6・5トン炉内に装荷するプルトニウム焼却炉である。
原発を稼動すると核分裂反応の中から出てくるプルトニウムは原爆の材料であり、
地球規模でその存在が管理されている。
そのため原発大国である日本は国際社会から余剰プルトニウムを持たないことを求められている。
そのために発電を目的としない焼却炉として建設されてるのだ。

電気のためではなくゴミ処理のための原発などあっていいはずはなく、
それにも増して安定性に不安があり生物毒性が史上最悪と言われるプルトニウムを
人の暮らす町の中に6・5トンも存在させることがもともと馬鹿げている。
そんな裁判に関わりながら、沖縄と基地との関係に同じ構図が見えた。

基地も原発もその成り立ちから市民が声を上げることが難しい時代の中でその基盤が作られた。しかし、戦後70年を超えて市民の声を聞く体制もそれなりに整えられている。
今沖縄と函館で国策に市民の立場で反対する声が上がることは
民主主義の一つの形だ。
戦後、私たちが手にした憲法という名の贈り物に対して
一人一人の市民が何をどう生きるのか、迷った時の指針でもあると思う。
その憲法に照らして沖縄と函館が基地と原発にノーを言った。

憲法を生きることを願うのなら全ての日本国民が
この裁判を注目し、応援してほしい。
裁判の行方は日本の未来をあぶり出す。
(野村保子




[PR]
# by oomawotomeru | 2017-07-28 22:58 | Comments(0)

沖縄タイムスの取材を受けました。辺野古差し止め提訴は民主主義の証

a0292602_15452339.jpg
a0292602_15452339.jpg

[PR]
# by oomawotomeru | 2017-07-28 18:37 | Comments(0)

大洗でゴミ箱に放射性物質を・・・


日本原子力研究開発機構=JAEAのずさんな対応に呆れる。
核燃料物質を26年間入れていたポリ容器を点検した際に
容器が破れて作業員が被爆した事故で、
核燃料を入れていた容器は紙くず用のゴミ箱だったことを明らかにした。
核燃料は核分裂を起こすことを知らない人たちなのか?
「核」の基礎知識を持っていないのか、
核物質に慣れてしまい、緊張感のない仕事をしていたのか?
どちらにしても恐ろしい・・を超えて恐怖のJAEA


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー〜〜〜
JAEA(=日本原子力研究開発機構)の研究施設、「大洗研究開発センター」で起きた被ばく事故で、核燃料物質を入れていたポリ容器は、核燃料用ではなくゴミ箱だったことが分かった。

 先月の事故は、核燃料物質が入ったポリ容器を包んでいた袋が破裂して核物質が飛散したもの。JAEAは21日の会見で、核燃料物質を入れていたポリ容器は、紙くずなどを入れるためのゴミ箱だったことを明らかにした。

 ポリ容器が放射線を浴びるとガスが発生するため、これが爆発の一因になったとみている。

 JAEA・高野公秀グループリーダー「当時の方々がどういう考えでそういう容器に入れてしまったのか、これから明らかにしていく」

 あらためて、JAEAのずさんな安全管理が明らかになったかたち。


[PR]
# by oomawotomeru | 2017-07-26 09:59 | Comments(0)

7月15日16日大マグロックは大雨の中・・・

今年も大マグロックと大間原発建設反対現地集会が7月15日、16日と二日間開催された。所用で参加できなかった今年、改めていろいろ考えた。初めて大間原発建設反対現地集会が2008年開かれた。その年の4月、電源開発が大間原発建設許可を申請し、経済産業省の甘利大臣が許可を出した。その前にグローバルファイナンスが電源開発の株の買い占めを画策し、国は外国の株買い占めを禁止する法律を作り、さっさと建設許可を出しプルトニウム処理のための原発を作るための原子炉計画を実行に移したのだ。
 5月には建設工事の着工許可が出た。函館に住む私は3月に原子炉の安全を審査する炉安審の許可が出て、外国のファイナンスの株買い占めの予測など経済新聞を読んでもいったい何を意味するのかがわからなかった。大間原発に関して大きな動きが起きている、それだけを感じていた。4月の末には建設許可が出て、5月には工事着工許可という流れの中で、市民運動はなんと無力であるのかと・・。大間原発に反対する人たちがこのままではいけない、大間で何かしようと大間原発建設反対現地集会が企画された。
 9月21日、大間原発反対現地集会の第1回。9月21日、故熊谷あさこさんの残した土地で開かれた。八戸のヤムさんがロック仲間を連れてきて午前中演奏。青森、六ヶ所、仙台などから大間原発反対の声をあげた。小笠原厚子さんも挨拶された。厚子さんにみんなの前で話すのはドキドキするからそばにいてと言われて隣に立って手を握っていた。テントを一張だけの小さな集会でみんなお弁当持ちで参加した。厚子さんはふのりのお味噌汁を提供し、昆布を売っていた。
 そこで出会ったのがアコちゃんだ。わけのわかんない人がいるものだと・・。でもその後も手紙をくれたり細々と続くアコちゃんとの縁がある。
 1日だけの集会が二日になった。2011年頃から反原発に関心が集まり、大間への関心も増えていった。しかし、大間町現地の参加者は増えていない。集会の規模が大きくなるにつれ大間町と分離して楽しむ人だけが集まる集会でいいのだろうかと考えるようになった。30人前後で始まった集会が100人を超え、300人、今年は500人規模と聞く。集会準備のために草刈りや会場設営してくださる現地の人はいても集会に参加する大間町の人はいなかった。4年が過ぎたある年、集会を覗きに一人の漁師さんがきた。近くに住むという漁師の方は何をしているのか様子を見に来たと言って離れたところから見ていた。最初の頃、町内を歩くと空いていた窓が閉められ、無人の街のように子ども以外の人が消えた町だった。しかし2011年以降は町内を歩くと手を振る人が増えていった。始めの頃を経験したものには窓を開けて手を振る人をみた時の喜びは大きかった。しかし、その後が続かない。
 6月30日、大間原発建設反対裁判が第29回を迎え結審した。裁判が始まって10年、その前の準備から入れると14年は経つだろうか。大間町の人たちと話した人数は述べにして数十人になるだろう。そのほとんどが原発関連かそこに繋がる仕事をしている人達だった。どんなに親しい間柄でも原発のことは話さない、と。疑心暗鬼のままに暮らす切なさを思った。
 裁判の原告になり大間原発のことを話し、街の人を取材し、本「大間原発と日本の未来」を書いたけれど、その本を大間町の本屋に置くこともできていない。機会があるたびに大間原発のことを話し、できれば大間町に行って欲しいとお願いした。首都圏の大学生のゼミ旅行に大間町を売り込み函館経由で訪ねてくれたこともある。函館の大学で大間原発のことを話させてもらったことがある。学生が大間町を尋ねる企画を立ててくれて同行した。「せいきょう」のツアーに同行し、お話ししたこともある。気さくで漁のことなど普通に話す人が一転原発のこととなると口が重くなる。小さな町でお互いを縛る不文律があるのだろうか。電源開発に土地を売らないことで村八分となっていた熊谷さんの頃と変わらない。
 福島原発事故が世界のエネルギー状況を変え、日本も遠くない将来原発を容認するかどうかの瀬戸際にある現在、大間町は大きな転換点になる。大間町の人に原発の真実を知ってもらいたと切に思う。昨年、本州からの人と一緒に大間町を訪ねるツアーに参加した。大間町在住の方から大間原発についての説明を受けていた時、ある参加者が「原発を建てる会社から金もらっているんでしょう。金のために安全を売るのか」と聞いた。それを聞いて自分が大間町の人であるかのように怒りが湧いた。原発が作った電気を使っている人達が何を言うかと思った。そうなのだ。原発を過疎地に押し付けた立場で原発立地の人に指図することはできない。では何ができるか、それをやってきたつもりだったが道は遠い。提訴から7年が経ち裁判が一つの区切りをつけた今、大間町への向き合い方をどうするのか、それは自分への新しい課題だ。(野村)


a0292602_23001952.jpg
















[PR]
# by oomawotomeru | 2017-07-18 22:11 | Comments(0)


大間原発を止めるための情報交換


by oomawotomeru

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

六ケ所再処理工場、廃棄ダクト..
at 2017-10-18 10:56
原燃またミス
at 2017-10-11 21:40
8月30日 これからどうする..
at 2017-09-18 13:07
大間原発市民訴訟、判決に向け..
at 2017-09-18 09:21
大間原発市民訴訟、判決に向け..
at 2017-09-18 09:21

検索

「小出裕章さんのおはなし」

2012年4月「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」をクレヨンハウスから出版しました。2011年3月変わってしまった世界を生きる子どもたちへ、この本を読んでよりよい未来を生きて欲しいとの願いをこめて書きました。
「原発に反対しながら研究をつづける小出裕章さんのおはなし」著者:野村保子 監修:小出裕章

http://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%A5%E3%81%91%E3%82%8B%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97-%E9%87%8E%E6%9D%91%E4%BF%9D%E5%AD%90/dp/486101218X

フォロー中のブログ

dezire_photo...
しゅわそら

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月

外部リンク

最新のコメント

「そもそも国政は国民の厳..
by けい at 12:48
まったく仰る通りです。 ..
by 萩谷良 at 08:50
保子さん、昨日はありがと..
by Q at 23:33
気づいた人がいる。こう素..
by みかん at 16:38
http://mb2.j..
by 凡人 at 22:09
最近ネットにて、大間原発..
by 凡人 at 07:07
こういった訴えを聞けない..
by 脱福者 at 13:17
ところで、川内原発の問題..
by 凡人 at 22:25
尚、再処理工場がどれほど..
by 凡人 at 20:45
http://mb2.j..
by 凡人 at 20:07

最新のトラックバック

venushack.co..
from venushack.com/..
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
精神の美しさにふさわしい..
from dezire_photo &..
福島原発の今を訪ねて~P..
from ゆさをぢさんの「されがまね話」

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ

全体
大間原発情報
原発一般
福島情報
社会

大間FAX通信

映画
沖縄
たべもの
函館市裁判情報

世界
憲法
暮らし
未分類

タグ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

時事・ニュース